2005年05月23日

間違いだらけの花選び(後編)

さて、私が教える「いい花屋の見分け方」ですが…。
まず、当然ですが店のつくりやディスプレイがださいところはだめです。店がおしゃれでもダメなところは一杯ありますが、店がダメで花がいいところはほぼないと言っていいでしょう。
中には「店は昔ながらのつくりだけど、アレンジしている人はセンスがいい」という場合もないわけではないですが…これはかなり少数派です。

そしてアレンジした花束などがいくつか置いてある店を選ぶこと。
これは店の人のセンスを見極めるためにも必要なことですが、アレンジが置いてあるということはそれだけ花の回転率がいいということでもあります。あまり売れない店だと「作ってもどうせ無駄になるし…」ということでアレンジを置いてないことが多いのではないかと想像しています。
アレンジしてある花の新鮮度にも注意。ディスプレイ用のアレンジを作る花は「少し古くなってしまったもの(だから早いところ売ってしまいたい)」が多いような気がするのですが、それがあまりにもしおしおだとすぐダメになってしまいます。「処分品」に近いものとはいえ、どの程度のものかよく見ましょう。
まだキレイなら、それはアレンジの回転率がいいということです。
古くてもそれなりに安くしてあるところはまあ良心的と言えます。家に飾る花程度だったら、そういう安いものを買うというのもアリではないかと。

それから、店員さんと少し話をしてみることです。
花の名前を質問してろくに答えられないような店はダメです。
それから置いてある花の種類を見てみます。ごく定番のもの(バラ、カーネーション、ガーベラ、かすみ草など…おなじみのものです)しか置いていない店はもちろん論外。
同じバラでも珍しい色のものがあったり、草ものでもこれは地味かな?と思えるようなものが置いてあるようなところのほうが、アレンジのセンスがいいものです。
ただ、珍しい花ばかりで普通の花が全然ない…という店もまた困ります。高いうえに相当ハイセンス?な花束しかできてこないからです。
適度に定番品もそろえつつも、あれ、これ見たことない、きれいだな…という花がいっぱい揃っている店が「センスのいい店」だと思います。

そして花束を頼む時に、用途やあげる相手のことについて聞かない店もダメ。
普通の人は「どういう時にどういう花をあげるか」という考えがあまりないわけですから、それをきちんと聞き取って、それに合ったものを選んでくれるくらいのセンスが店員さんにないといけません。
もちろん花をお願いするほうも「母の日なんで、適当にお願いします」なんてオーダーじゃなくて…できれば「母は50代で、シックな雰囲気が好きなのでそのように」とか、「お見舞いの花ですが、相手は若い男性なのでかわいすぎないよう、さわやかにお願いします」とか、そのくらいのことは伝えたいものです。
花屋に置いてあるお花を見て「この花をメインに使いたい」というのを伝えるのもひとつの手です。

まあ、そんなこんなでうだうだと長く書いてきましたが…
ファッションやインテリアなど取り上げられることの多いものに比べると、花を選ぶということがあんまり重要視されていないのが不満な私。
花業界の人も含めて、もっとたくさんの人たちに考えてほしいです。
posted by はなずきん at 11:36 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

間違いだらけの花選び(前編)

私はハンドルを「はなずきん」としているくらいなので、花が大好きです。
専門的に勉強したわけではないし、花屋で働いたことがあるわけでもないのでそんなに詳しいわけではありませんが、花を買う時にはかなり吟味してから買います。
自分で言うのもなんですが、花選びのセンスはあるほうだと思います。
が、自分でアレンジしたりすると、全然たいしたものができないのですが…まあ見る目と創作する才能は別ってことで(笑)。

日本の大半の人にとって少し前までは、花というのは「お客さんが来た時に飾るもの、送別会などであげるもの」のような定型的な使われ方しかされていませんでしたが、最近は「日常使いで花を楽しむ」ことがわりと一般的になってきたように思います。
普通の人が読む花の雑誌も出ているし、雑貨屋で花束を売っていたりもします。
そういう傾向は喜ぶべきことなんですが、私は常日頃非常に不満に思っていることがあります。それはこんなご時世になってからも「花屋も、花を買う人も花の選び方に無頓着すぎる人が多い」ということです。

まあ、花に興味がほとんどない男性は仕方ないとしても…ふだんおしゃれやインテリアに気を遣っていて、花をもらうと嬉しいという女性ですら、花を選ばせると「ええっ、そんな昔っぽいダサい花束を買うの?」と思ってしまうことがたびたびあります。
私は結婚して子供ができる少し前まで会社勤めをしていました。会社では退職する人がいる場合に送別会で花束をあげたりしますが、花選びを他の人にまかせた場合に、できた花束を見て「うん、よし」と思ったことがほとんどありませんでした。

花にもTPOってあると思うんです。あげる相手の年齢、性別、雰囲気、あげる用途などを考慮してそれに合うものをセレクトするべきだと思うのですが、だいたい用意されてくるのは画一的な華やかっぽい花束ばかり。
ごく普通のバラやカーネーションにかすみ草とか、どっかーんと胡蝶蘭が入っていてけばけばしい色合いのものとか、やたらパステル調でかすみ草いっぱいのかわいらしすぎる花束とか。
確かにバラや胡蝶蘭が入っていれば花束の値段は上がりますが、それが入っていればいいというものではないはずなんです。

私も今まで人から何度も花をもらったことがありますが、申し訳ないけど…センス的に満足できるものは、その中の一割くらいしかありませんでした。
もちろん花を贈ってくれるという気持ちはとても嬉しいのですが、どうせもらえるならより美しいものをもらいたい、と思ってしまいます。

そういう「ちゃんとした花選び」ができないのは、日本の生活において「自分で花を選んで飾る」ということが日常的に行われていないからかもしれません。
でも、何より問題なのは「おしゃれな花を売っている花屋がとても少ない」ということなのだと思います。
私は花屋があると必ずのぞいて商品チェックをしてしまいますが、100軒あったとしたら「これは全然ダメ、話にならない」というのが70軒。「まあこのくらいならいいかな」というのが25軒。「うん、なかなかいいかも」というのが5軒。…というくらいの比率でしか、まともな花屋がないんです。

都心のほうにはまあまあおしゃれな花屋がありますが、それにしても高すぎる!というところもまた多いんです。
店のつくりはおしゃれでも、アレンジを作る腕が全然ダメなところもたくさんあります。特に都心にはそういう「エセ花屋」さんも多いので注意しましょう。
花はどんなに美しくても短期間で枯れて消えてしまうものですから、それなりにお手ごろな値段で買えないといけないと思うんです。花は珍しいものばかり置いているけど、予算3千円だと貧相な花束しか作れない、というのでは「普通の人は使えない」のではないでしょうか。

私の「おめがね」にかなう「センスとコストのバランスが取れた」花屋は本当に少ないです。
ここで買ったら間違いない!と思うのが、下北沢にある「花弘」
私の生活行動半径内(かなり範囲を広げて言っています)では、私が全面的に信頼している花屋というのはここしかありません。ここなら、たとえ私が行けなくて誰かに選ぶのをまかせても、そんなにハズレはないと思っています。
私が住んでいる聖蹟桜ヶ丘の駅近辺には4軒の花屋がありますが、これならという花屋は1軒もありません。「まあ許せないことはないか」というところが1軒あるのみ。
花のセンスのいい義母に花束をあげる時には、うちの近くの花屋で買うのはとっても気がひけて、少々遠回りでも下北沢に寄って買うことが多いです。

(長いので、明日の後編に続きます)
posted by はなずきん at 03:45 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

群れない女 つづき?

先日の日記「群れない女」に、さっそくおふたりの方からコメントをいただき嬉しかったです。
実は、ひそかに「私の日記を読んでくださるような方は、同じようなタイプの人が多いのではないか…」と期待して書いてみた内容だったりします。
類は友を…と言いますから。(笑)

私はもともと少数派…という自覚はありました。

かなり小さい頃から(幼稚園頃?)、私は周囲のおおかたの人とはなんか違うなあ、と思っていました。しかも、それがたいして苦痛ではなかったというか、むしろ「それがいい」と思っていたのです。(今でもそうです)
幸い、学生時代は友達に恵まれ、中学高校大学それぞれに、今でも連絡を取り合っている人が何人かずついます。
会社員時代はそんなに気の合う人は多くありませんでしたが、休日などに気の合う友人と会えばいいわけですから、さして気にしていませんでした。

が、母になるとそうもできないんですよね。

専業主婦となると、特に子供が小さい頃は、ふだん接することができるのは自分の子供とその友達、その親だけ。気がつくとオトナとほとんど会話してない…なんて日もときどきあります。
もちろん昔の友人に会うヒマなど、ほとんどありません。というか、ヒマはあるんだけど会いに行くことができないんです…。(なので遊びに来てくれると大変嬉しいのですが。独身のみなさん、遠慮は不要ですよ〜!)

しかも人に会えないだけでなく、自分のやりたいこともほとんどできない。人並み外れてちょろちょろする長男を連れていると日々の買物すら困難なのに、まして趣味のものなど見たりすることはほとんどできませんでした。長男が3才頃になるまでは、長男が寝たときだけが唯一のオアシスタイムであったのです。
で、やっと長男の手が少し離れた!と思ったら今度は次男がちょろちょろ…。やっと長男がひとりで遊べるようになったというのに、今度は次男につきっきりです。

その状態で「ママ友が全然できない」「子供を気軽に預けられる近所の人がいない」(他の人は預けあっているのに、です)という状況は、ひとりに慣れっこの私にもややツライものがありました。

だから、長男が幼稚園に入れば「知り合い」程度の関係から脱却できるんじゃないか…という期待を抱いていたんです。でも、近づいてみたらかえって距離があることがわかってしまったんですよね。
そこでいろいろと考えて、出した結論が先日の日記のようなことでした。

でもこのことに気づくことができたのも、長男が幼稚園に入ったから…には違いありません。これからは他のお母さんとも接する機会が増えるだろうし、ひとりやふたりは気の合う人もいるかな、と思っています。


こうして自分のことを考えていて、もうひとつわかったことがありました。
私がこんな性格ですから、ダンナも似たようなところがあり、やっぱり人との付き合い方には独特の距離感があります。
となれば、ふたりの子供である長男の性格もそれに近い…のです、たぶん。

今までは「長男が嫌われるのは、乱暴だし意地悪だから当然だ」と思っていたのですが、中にはあまりそういうことを意に介さないというか…うまい具合にかわしてくれる子もいないわけではなかったのです。
きっとそういう子が、長男と合う子なんですね。

私が「合わないな」と感じている人の子供と、私とダンナの子供である長男が合わない(だから嫌われる)のは当たり前なのでは…ということに先日はたと気づき、私にママ友ができないことや長男が嫌われるのを全部長男のせいにしていて悪かったなあ、とちょっと反省しました。

そうそう、長男ですが、思ったより幼稚園で暴れていないみたいで…。

先生に「お母さんから聞いていたほど、乱暴したりうろうろしたりしないですよ」
「ちゃんと座ってお話を聞いてますよ」
と言われてびっくり。自由時間には、幼稚園の中をずいぶんうろうろしているようですが。

むしろ悪いことをしている子を止めたりしているらしいんです。(それはそれで、うるさい性格だとは思うんですけど(笑)。)
それを聞いて、昔長男と同じようなタイプだった(らしい)ダンナいわく、「意外と集団のルールには従うものなんだよ」だそうで…。

意外と他の子と仲良くやっているみたいで、送り迎えの時に
「あっ、○○(長男)だ!おはよう!」
と寄ってくるような子や、わざわざ
「○○君、ばいばい」
と挨拶しに来る女の子がいたりするのが少し驚きでした。

でも、後で長男に
「あの子は誰?同じクラスの子?」
と聞いたら
「そんな子いた?」
みたいなリアクションで…
人には覚えられているけど人のことは覚えていないんですね、長男ってば。

でもそういえば、私もダンナもそういうタイプかも…。
う〜む、蛙の子は蛙、なんですかね〜。(笑)
posted by はなずきん at 02:12 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

群れない女

私は、学生時代からの友達は決して少ないほうではないと思います。
社会人になってからはそんなに深い付き合いの人はいないものの、辞めた会社の中でもそれなりに付き合いが続いている人もいます。
自分のほうから声をかけることが多く、どちらかといえば社交的なほうですから、友達ができない…と悩むタイプではなかったはずなのです。

でも、私には「ママ友」がほとんどいません。

子供を産む前にできた友達は別ですが、他には子供を遊ばせるためによそのお母さんと約束して会う…ということは皆無です。
今までは、それは長男がちょろちょろしたり(何度も書いてますが、長男のちょろちょろは他の子供の比ではありませんでした)よその子に手を出したりするために、他のお母さんと話す機会が少ないからだと思っていました。

実際のところ、子供を遊ばせる以外にほとんど外出する機会がないのに、子供はひとところに全くじっとしていないので、他の人とほとんど話すことができなかったのは事実です。
でも、長男が幼稚園に入れば、今まで知合い程度であまり付き合いを深くできなかった人たちとも接する機会が増えれば仲良くなれるんじゃないかなあと思っていました。

でも、実際長男が幼稚園に入ってみてわかった…というかあらためて気づいたのは、今まで付き合いを深くできなかった人とはやっぱりあまり仲良くなれない、ということでした。
そういう人たちは、私と決定的に違うところがあるということが、今になってわかったのです。


それは何か。
「群れるかどうか」
なんですね。

私は幼稚園の送り迎えも、私は他の家の人と待ち合わせることはありません。
たまたま一緒になれば一緒に行きますが、わざわざ待っているということがどうも苦痛なのです。
でも、幼稚園で他のお母さんを見ていると、いつも必ず同じメンバーでやってくる人たちがいます。いつもひとりの人もいます。
私はどうもその「いつも同じメンバーでやってくる人」の輪の中に入れない、いや入りたくない…ようです。


なんでだろう?と自分に問い掛けてみて…
そういえば、今まで私は他人と一緒に登校や登社をしたことがないことに気づきました。
小学校の集団登校以外、朝に他の人と待ち合わせたことがないんです。

最初に書いた通り、仲のいい友達がいなかったわけではないんですよ。下校の時は一緒に帰る友達がいましたから。でも、朝わざわざ待ち合わせるということはしたことがないんです。下校の時も、時間が合わなければずっと待ってたりはしませんでしたねえ…。
これは女友達とだけでなく、(同じ学校に通っている)彼氏なんかともやっぱり一緒に待ち合わせて登校なんてのはしたことがなかったのです。

そう考えて、もうひとつ思い出したことがありました。

女の子って、よく誘い合ってトイレに行きますよね。私はそれもしたことがないのですよ。
そりゃ、たまたま友達とトイレに行きたいタイミングが同じだったら一緒に行きますけど…、別に用事もないのについていってトイレで雑談、なんてのはやったことがありません。
もしかして「それをする人=待ち合わせをする人」なのかな、とふと思いました。
しかし女性の半数以上はそういうタイプのような気がします。私のようなのは、少数派なんでしょうかね。


待ち合わせして学校に行くのも、連れ立ってトイレに行くのも、おそらく「友達とたくさん話がしたいから」なのでしょうが…私はそこまで密着して友達と話したいとは思っていないということでしょうかね。
一緒にいる時間が多すぎるのは、どうも私には窮屈な感じがするのです。

私は別にひとりでいるほうが好きなわけではなく、もちろん友達はいたほうがいいです。
でも、たいして気が合わない人と無理に一緒にいるくらいなら、ひとりのほうがいいんです。
私と仲が良くなるのは、この距離感が心地いい、もしくはあまり気にならない人だったのでしょうね。
そしてたぶん「群れる人」は私とは気が合わない、のでしょう。


今、この人はいいなあと思っているお母さんがいます。その人はだいたいひとりで幼稚園にやってきます。
なんとなく、仲良くなれるんじゃないかなあと感じています…。
でもそこで距離を詰めないところは、お互い群れない人間だからなんでしょうかね(笑)。

今までは、ママ友ができないのが実はちょっと心の重荷であったのですが…。
こうして考えたことで、私のママ友ができなかったわけも、どういう人と仲良くなれそうなのかも見えてきたので、まあぼちぼちやっていこうと思っています。
posted by はなずきん at 01:58 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

スキャナがやってきました

我が家には私用、ダンナ用と2台のパソコンがあります。
でも使用頻度と予算の関係でプリンタは1台、スキャナも1台しかありませんでした。
ダンナは「仕事用(お絵かき用)」としてパソコンを使うこともあるので、最近までスキャナもプリンタもダンナに占領されていたのですが、私がWindowsにしたのをきっかけにプリンターは私のところにやってきました。(ネットワークがつながって、私のところでダンナのファイルが印刷できるようになったので。)以前もネットワークがつながってはいたのですが、OSが全く違ったのであまりつながっているメリットがなかったのです。
そして先日、ダンナがA3サイズのスキャナーに買い換えたため(漫画の原稿用に使うので、A4サイズでは小さいのです)今までダンナが使っていたスキャナーが私のもとにやってきました。
これでこれからダンナにお願いしなくてもスキャナーが使える!嬉しいです。

ここまで書いてきて気づいたのですが、私のパソコン周辺機器ってお下がりばっかり…。
パソコン本体は自分で買いましたが、それ以外は譲ってもらったものばかりです。あ、プリンタはダンナと共用で買ったものですけど、今までダンナのところにあるほうが長かったので…。
デジカメも私は3台も持っていますが、全部兄のお下がりです。うち1台は時代的に古すぎるので全く使っていないし、あと1台はこれまた古いので子供のお遊び用になっていて、あと1台が自分用。
要するに、私はパソコンにあまりお金をかけたくないのですね。そりゃ新しくて機能がいいに越したことはないんですが…そこまでお金をかける価値を認めていないということなのか…。
私はパソコンにはメールのやりとりとHPを閲覧または作るのに必要な機能しか求めていないので、少々機器が古くてもさして問題はないんですよね。
あまり処理速度が遅いのは困るので、CPUとメモリはある程度の新しさは欲しいですけど、その程度かな〜。ハードディスクは40ギガあるのに4ギガしか使ってないくらい余りまくってます(笑)。

パソコン好き(なのかな)なくせに、パソコンにちっともこだわってない私でした…。
posted by はなずきん at 00:46 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする