2005年04月24日

また言い訳の…(笑)

またまた間が空いてしまいました。
というのも、残されていたお弁当袋の製作と、またもや5月頭に出るフリマの準備で日記どころではなくなっているからです。
ようやくお弁当袋のめどがついてきたので、ひと息入れて書き込みしているというわけです。
でも、おそらくまたフリマ(5月4日)が終わるまで書き込みできないでしょう…。

今まで作成したカバンなどは、先日買った通園グッズの本を見てやっていたのですが、この本には私が作りたい(というか幼稚園指定の形の)お弁当袋が載っていません。そこで図書館で別の通園グッズ製作の本を借りてきたのですが、この本が使えないのなんの…。
裁ち図だけで出来上がりの寸法が書いていないから、寸法を変えて作るのにも頭を悩ますはめになったし、細かいところが適当に飛ばして書いてあるので、何度か間違えてやり直しをするはめになってしまいました。
この手の本を読むのは裁縫初心者に決まっているのに(初心者じゃなければ通園カバン程度、こんなの読まなくたってできると思われます)この本はなんでこんなに不親切なんだ!
ちなみに私が買った本は細かいところもとっても丁寧に書いてあり、なかなかいいのですが、私がチェックした15冊くらいの本の中で「これはわかりやすい」と思うのは3冊くらいしかありませんでした。

裁縫だの手芸だのって、意外と細かいところで「あれ、ここはどうするんだろう」と悩むものなんですよね。
かといって基礎の本を買ってやり直そうと思うほど熱心でもないし…。
やっぱりこういう初心者が読む本は、その都度基本テクニックを解説していってほしいなと思います。手芸の本って手芸の上手い人が書いているからわからないんですかね〜?
posted by はなずきん at 08:49 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

ぐったりの親子登園日

今日は幼稚園の「親子登園日」でした。
お母さんの顔合わせやクラス委員などを決めるものだったのですが、息子が幼稚園で何をしているのか…もちらっと見てきました。

…どうも、けっこういろいろやっているような気がします…。
私が行った時点でスモックと帽子は脱いじゃってるし、靴下も「お着替え用」のものになっています。スモックにはなにやら点々とシミがついているのですが、泥には見えないし、まだお弁当も始まっていないのに、いったいこの茶色いものはなんなのだろう…。

教室の中に水道があるのですが、息子はしばらくそこに張り付いて、水を飲むようなしぐさで口の中に水を入れています。でも、飲んでいないようです(笑)。
いつまでもやっているので「もういい加減にしなさい」と言ったのですが当分離れませんでした。
昔から息子は異様に水が好きだったのですが(他のお子さんよりも明らかに、です)家ではもちろん自由に水道などいじらせていないのですが(そんなことしたら水道代が倍になってしまいます!)園の水道だと先生の目が届かないのをいいことにしょっちゅう遊んでいる…ような気がします。

親たちが教室で話をしている間、子供たちはホールでアンパンマンの映画を見ていたのですが、戻って来た息子は上履きをはいていません。
「どこにやったの?」と聞いたら「あっちに置いてきた」と…。
ホールに戻ったらそこにいた先生が上履きを渡してくれました。

ホールでも、どうやら近所の子にちょっかいをかけていたらしく、あとでそのお母さんから「注意しといて!」と言われてしまいました。
ホント頭が痛いのですが、息子への注意はひと筋縄では通用しないんですよ〜。
優しく言っても厳しく言っても、とにかく話が頭に入ってないというか、もう次の瞬間には同じことをしています。次から次へと止めなければならないようなことばかりするので、親が怒るのにも限界があるのです。

それをなんとかしたいから、プロに預けたんですが…う〜ん、本当に変わってくれるのかなあ、心配になってきました…。
年少さんの4月というのは本当に大変なありさまで、先生の目が届ききっていない…というのもあるのでしょうけれども。
年齢とともに落ち着いていくとは思っているのですが、しばらくの間は息子はやっぱり「問題児」なんでしょうね…。

しばらくしたら家庭訪問があるのですが、先生に何を話されるのか、今からもうドキドキものです。
posted by はなずきん at 23:39 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

幼稚園の先生ってすごい!

今日はあいにくの雨でしたが、長男の入園式に行ってきました。
次男はダンナに預け(夜勤なので昼は家にいるのです)長男と私のみの参加。
長男は幼稚園に行くのは楽しみにしていましたから「今日から幼稚園だね!」と嬉々として園に向かいました。

幼稚園に到着して、入園式に来ているお父さんが多くてびっくりしました!
新入園児は年少、年中合わせて100人くらいだったと思いますが、保護者の男性の姿が30人くらいはいたでしょうか。ほとんどの方は会社を休んでいるんでしょうねえ…。
うちのダンナだったら会社を休んでまでは参加しないだろうな、と思いましたが、男性の育児参加は以前に比べれば進んでいるのだなあと感じました。

受付が済んだらそれぞれの教室に子供のみを預け、保護者はホールで園児の入場を待ちます。
で、いよいよ先生に連れられて新入園児入場…なんですが、最初に入ってきた年中さんはまだしも、年少児が入ってきたらもうホールの中は収集が全くつかない状態になりました。
しくしく泣いて先生に抱きかかえられている子、「おかーさん、おかーさーん!!」と泣き叫んで探しに来る子、きょろきょろと見回して落ち着きのない子。
あちこちから泣き声が響きわたって戦場のようなありさまです…。
で、我が子はどこかいな?大丈夫かな?と探したけど、子供たちが全然きちんとイスに座っていないのでどこにいるのかよくわかりません。

こんな状態で入園式などできるのか?と心配になりましたが、そこはさすが子供相手のプロ!一番最初に先生方が前に出てきて「出し物」をやってくれて、それまで怒号のように響いていた泣き声がすっと小さくなりました。すごい!
子供を産んでから、幼稚園や保育園の先生はすごく大変だろうな…とつくづく思っていましたが、子供をひきつける技には今日は心の底から感心しました。
式次第にある「園長先生のお話」だの「在園児からのお祝いのことば」だの、ちゃんとこの子たちを座らせたまま進行できるの?と思っていましたが、小1時間にもわたる式をいちおう終わらせることができたんですよね。さすがです。
で、長男はどうしていたかというと…出し物に出てきた、ドラえもんの張子(?)に抱きついていました…。(そこで所在がやっとわかりました。)笑ってしまいましたよ。
式の間立ち上がったり、先生のところにいって一緒に踊ったりなどはしていましたが、逃げ出すこともなくいちおう席の近くにいられたのは幸いでした。

何はともあれ、入園式を終えることができてほっとしています。
そして明日から私の「長い休暇」が終わり、朝決められた時間に起きる生活が戻ってきます…。
長男妊娠前から今にいたるまで、朝きちんと起きる必要がなかったのをいいことに、夜更かし朝寝坊のだらけた専業主婦生活をしていたのですが、これからは規則正しい生活を心がけるようにしようと思います。長男と一緒にがんばるぞ!
posted by はなずきん at 01:48 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

とりあえず完成、入園グッズ

ここ数日間、睡眠も削り家事も手抜きして、ダンナに子供を預けて、ひたすら裁縫していました。間に合うかきわどいところでしたが、さきほどやっと入園グッズが完成しました。
なんで「とりあえず」かというと、まだ弁当袋ができていないんですが…お弁当が始まるのは5月なので入園後に作ることにしたからです。

自分で言うのもなんですが、かなりの力作です。
日本中どこを探しても、こんなカバンを持っている子はいないと思われます(笑)。
超電車おたくな長男に合わせて、ひたすら電車系で攻めてみました。

総製作日数は9日。
その間一日4〜5時間ずつは製作に費やしていますから、50時間近く作っていたことになります…。腰がもう限界に近いので、またぎっくり腰になってはたまらないと、最後のほうはときどき合間にストレッチなどをしながら作業していました。
ひさしぶりの裁縫なうえに、全くオリジナルの柄に挑戦したので、とにかく時間がかかりました。(袋の作り方は本を参考にしました)

何度「この刺繍や柄をやめて作ってしまおうか」と思ったことか。
でも、ここでやめたら絶対後悔する、と自分に言い聞かせてひたすらちくちくしました…。
電車会社のロゴの刺繍は、ひとつ刺すのに1時間〜2時間くらいかかっています。刺繍をするのは20年ぶりくらいかもしれません…。
本当は布用マーカーで書こうと思っていた場所なのですが、私の選んだ布地には全くマーカーが乗らないことがあとでわかり、刺繍するしかなくなってしまったのです。
おかげでそのロゴは何も見なくてもキレイに書けるようになりました(笑)。

長男には、カバンの製作途中で「ほら、こんなのができたよ」と見せたら「おっ、○○系だ!」と即座に言われました(笑)。うむ、さすが長男だ、これでわかったか…。
こんなマニアな長男だから手が抜けなかった…というのもあります。

入園グッズを装着した長男(笑)
RIMG3350_1.jpg

テーブルの上に力作のカバンが置いてあります。なんでアップで撮らなかったかな…、(^^;
RIMG3345.JPG

ひとつ不安なのが、柄の耐久性です。
電車の窓のフェルトは100円均一で買ったもののせいか、すでに毛玉っぽかったりして…。
いつまでこの柄、きちんと残っててくれるのかなあ。
また作る根性はちょっとないんですが(笑)。

スモックのポケットにも京王ラインを(笑)
RIMG3353_1.jpg

今は安堵と達成感で力が抜けています。
製作中、子供を見てくれた義母とダンナには感謝です!
そして明日の入園式が楽しみです。

posted by はなずきん at 05:51 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

入園準備品作成中

なんか、日記が書けない言い訳の日記ばかり書いているような気がしますが…。
今、長男の幼稚園入園のための準備品(カバンとかお弁当袋とか)を作成中で、日記を書く時間が取れません。
昼間は子供がうるさくて作るどころではないので、夜中に超早起きして作っていますが、ひさしぶりの裁縫のうえに、たいして器用でもないくせに作るとなると凝りたがる私の性格が災いして、なかなか作業が進んでいません。

電車好きの長男に合わせて、電車の柄で作っているのですが…いや〜、なかなかめんどくさいです。できたら写真でも載せたいところですが…。実はまだ最初のコップ袋も仕上がっていません(笑)。
袋を作ることよりも、表面の柄の仕上げにやたら時間がかかっているのです。
どんな手芸の本を見ても、そんな柄に仕上げる袋なんてものは載ってませんから、その方法を自分でいろいろ考えてやるのが…大変なんですね。
ふだんから手芸をしている人ならいろいろテクニックの引き出しがあるのでしょうけど。

近所の奥さんと話をしていると「適当でいいのよ〜、それでけっこう丈夫にできるわよ」なんて言われますが、私はその「適当」に作るのがイヤなんです…。
一生懸命作ろうと思ったけど力及ばず、結果的に適当になるのは仕方ないと思うのですが、最初から手抜き…というのができないんですね。
だってせっかく作るならオリジナリティがあるものが欲しいし、裏地もついているほうが見た目もキレイだし、肩ヒモの長さも調節できるほうがいいし…なんてやっているとどんどん手がかかってくるのですね。
どこの子供も持っているような、キャラものキルティングを縫っただけ…のカバンを持たせるのは私にはできないのです(笑)。

でも、私はさして器用でもないし、デザインセンスもとりわけ優れているというわけではないので、出来上がったものは結果的にそんなに素晴らしくなるわけでもないのですが…まあ、気持ちです、気持ち。

そんなわけで、しばらく日記は書けないと思います。
早く入園関連のどたばたが落ち着いて欲しいです…。
posted by はなずきん at 21:26 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする