2005年03月27日

新型ロマンスカーに乗ってきました

先日、電車大大好きな長男のために、義母がセッティングしてくれた「新型ロマンスカーに乗って箱根に日帰り」旅行に行ってきました。
関東近県以外の方のためにひとこと書き添えておきますと、ロマンスカーというのは東京の小田急電鉄(新宿〜箱根湯本)を走っている有料特急です。
ロマンスカーにも今まで何度か乗っているのですが、新型ロマンスカーは営業運転開始が今年の3/19。まだできたてのほやほやの新車です。
もちろん私たちも、乗るのはこれが初めてです。

さすが運転開始したばかりの電車とあって、到着する前から先頭付近には記念写真を撮ろうとする人たちが待ち構えていました。(うちのような電車好き息子を持つファミリーばかりでしたが…)
しかも「新型ロマンスカーと写真を撮ろう!」というイベント?を小田急側でもやっていて、息子は運転手さんがかぶる制帽(子供サイズ)をかぶって写真撮影してもらいました。

外から見ると、今までのロマンスカーよりも大きく見えます。実際の車体サイズはそんなに違わないのでしょうが(線路幅は同じですから…)車体色が白いのと、天井が高くなっているせいでしょうか。
実際乗ってみると、やはり天井が高い他はそんなに広くなったという感じではありませんでした。
私たちが乗ったのは個室(サルーン)だったのですが、個室というよりは「ちょっと区切られている座席」といった程度ですね。座席も他の席より特に広いという感じもしませんでした。4人座るといっぱいいっぱいです。

オトナの電車好き、というのは乗っても楽しいのでしょうが、子供は実は電車に乗ること自体はそんなに好きではない子が多いです。
なぜかというと、乗っていると車体が見えないから。
しかも駅から眺める時も、距離が近すぎるので電車の外形がよくわからない…。
実は子供はビデオで電車を見るのが一番好きなのかもしれません。
零司も最初のうちは喜んでいたものの、やはり箱根までの間じっとしているのは苦痛と見えて、隣のカフェスペースなどにちょろちょろ行ったりしていました。

中での収穫は「VSE弁当」という外形が新型ロマンスカーの形をしたお弁当です。
中身は子供向けでした。もちろんお弁当箱は持って帰ってきましたとも。
幼稚園に持たせてやろうかな…と思ったのですが、こんなの持ってくと友達に取られちゃうかな?
プラレールのロマンスカーは車内では売り切れていて、箱根湯本の駅で買いました。

車内から外を眺めていると、沿線に立っている子供がみな手を振ってきます。
いやさすが花形列車ですね!
まだ新車のにおいがぷんぷんする車内でしたが、それなりに優雅な道中を過ごすことができました。

余談です。
以前にも書きましたが、長男の電車好きはますます磨きがかかってきました。
もう立派な「鉄っちゃん」です。
電車の名前は「何系」で呼ぶようになってきたし、前よりもさらに電車の認識能力が上がりました。
他の鉄道会社で色を塗り替えて使っていたりする電車をひと目見ただけで「これ、○○系でしょ?」と看破するんです…。(もちろん私は言われてみないとわかりません。ちなみに息子はその○○系の実物を見たことはありません…。)
そしてますます言動もオタクっぽくなってきました…。この子はやっぱり生まれながらのオタクだ〜!(笑)このまま成長するとちょっとやばいぞ!という感じですが、どこかで修正されるのでしょうか。
わが息子ながら恐ろしいです(笑)。
posted by はなずきん at 08:35 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

フリマ大盛況!

4年ぶりのフリマ。
あまりに荷物が多くて車に載りきらないと思われたので、今回はベビー用品の出品をあきらめました。
うちの車はめったに街で見かけない超不人気車なのですが(中古で買いました。いちおう普通乗用車です。軽じゃありません)背が高く、後ろのシートが倒せるのでけっこう荷物が詰めます。
その車に運転手(ダンナ)以外の場所に荷物を満載して行きました。
私は電車で現地に向かいます。子供は義母に預かってもらいました。

主催者の手際が悪く、8時受付開始のはずが中に入ったのはもう9時近く…。それでもうちの店は開店前から黒山の人だかりです。
ほんとに文字通り「不要品」ばかりで、そんなにスバラシイものがあるわけではないのですが、なんかこの店安そう…というのがわかるんでしょうかね。
フリマの朝イチの客は気合入ってます。言い方を変えると非常にずうずうしいです。空けてもいない荷物を勝手にあさったり、まだ準備中だと言っても売って売ってとうるさかったり。
そして準備が終わって「さあ、売りますよ!」と言ってから1時間くらいは怒涛の時間です。いやもう、次から次へと客が来ること…。ひと息ついて空いた場所にまた商品を並べて…とするとまた客が来ます。ようやく一段落ついたのは11時頃だったでしょうか。

しかし値段設定を安くしたとはいえ、あなたそれ何に使うの?というものを喜んで買っていってくださる方の多いこと…。
いや、買ってくださるので助かるんですけど、正直なんで売れるのかわからないものもけっこう多いです。
私はあちこちのフリマに出店したことがありますが、今回の場所の明治公園…ここが一番なんでも売れます。日本人なら「こんなダサイもの、いらん!」と言うような古典的なみやげ物でも、外人さんが喜んで買っていってくれます。
使いかけの洗剤や食器なんかでも安くすれば売れます。
パソコン関係の品もいろいろ出したのですが、ほとんどiMac関連でもちろん時代的にはけっこう古いのですが、ひとつのソフトを残したのみで全部売れました。
MS-DOS3.3Dの解説本(10年以上前のなんですけど…)なんか絶対売れないと思ったのに、即売れたし。

午前中に荷物の半分以上がはけ、午後はぼちぼちの売れだったのですが、最後のほうは叩き売りしたので、おかげで帰りに残った荷物は小さい紙袋1個分でした。
売上はしめて36285円。参加費が3000円なので33285円の利益です。
ちなみに1000円以上の値をつけて売ったものは数えるほどしかないのですが…いやあ、チリも積もれば山になるとはよく言ったものです。
ほとんど「ゴミ」に近いものを処分してこれだけのお金になるのですから、フリマは楽しくてやめられません。粗大ゴミなんかは出すとお金を取られるわけですからね…それがないだけでも得した気分になります。
えっ、粗大ゴミクラスの大物を買う人がいるの?と思われるでしょうが、これがいるのですよ。しかも車じゃなくて徒歩で来ている人にも…。いや、ご苦労さまです。

しかし誰でもこんなに売れるわけじゃないですよ!
売るものもいちおうセレクトしているし(この値段でこれを誰が買うんじゃ!ってものを売っている人、たくさんいます)、高すぎず安すぎない適切な価格設定は重要だし、値札付けにもディスプレイにもいろいろ工夫をこらしております。
フリマプロデュース業ができるかなと思うくらいですが、ちっとももうからないだろうな〜(笑)。
posted by はなずきん at 08:05 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

フリマ準備中

最近忙しくて、どちらの日記もあんまり更新できていません。
というのもフリーマーケットにひさしぶりに出る予定で、今はその荷物の値段付けに追われているのです。

以前はちょいちょいフリマに出ていたのですが、長男出産後はさすがにそういう時間が取れず、4年近く間が空いていました。
つまり4年分の不要品がたまっているわけで…。
その間に引越しもしているし、子供がふたり生まれているしで、不要品はかなりいっぱいあるのです。
1回ではとても出し切れないくらいあるので、とりあえず半分くらい…と思っているのですが、それでもかなりの量です。

自分で言うのもなんですが、私はフリマでモノを売るの、結構うまいほうです。
実際ほとんどのものが売れてしまうし、売上も1回5万円くらい行きます。(他の人から委託されたものなどもあるので)

そういう私から見ていると、フリマで店を出している人の大半は「売る気あるの?」という感じの人が多いんですよね…。
出店料だってかかるのに、ホントに元が取れてるのか?という店も少なくありません。

まず値札がついていない店、論外。どんなにいい物を置いていても、値段がわからないと「この店高そう…」と思って素通りしてしまいます。
値札というのはアピールポイントを書くにもいいのです。値段だけじゃなく、商品のブランド名や売りのポイントを書くと、かなり売上アップに貢献します。
商品がごちゃごちゃになっていて、物をひっくりかえさないと全部見られないような店もダメです。ディスプレイはとっても大事です。
値段も高すぎ!というところが多いです。思わず「おっ、このくらいならすぐ出せるぞ」という値段でないと、フリマでは売れません。
ただ、店を出してダベるだけの出店者ばかりのフリマは買うほうもむなしいです。

まあ、そんなわけで今とっても忙しいのです。
こちらの日記もしばらく更新できそうにありません…。
posted by はなずきん at 08:32 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

ぎっくり腰…

実はおととい、ぎっくり腰なるものを初体験してしまいました。
正確に言うと一昨日に少し「ぎくっ」となって、しばらく痛かったのですが、その時は15分くらいで元に戻ったので気にしていなかったのです。

ぎっくり腰になったとき自体は、特にヘンな動作をしていたわけではありません。洗濯物を干そうと思ってカゴ(軽いです)を持って動こうとしたら…ぐきっ。
い、痛い。動けない。その場でうずくまってしまいました。
腰がずきずきと痛むわけではないのですが、起き上がろうとすると痛いのです。しばらく立ち上がることができず、5分くらい四つんばいになっていました。
何か物につかまりながらようやく起き上がり、2階にいたので下によろよろと下りていって、横になって休んだのですが…一回寝てしまうともう起き上がるのが大変です。寝返りすら困難な状態で、よつんばいから体を起こすことができません。
とりあえず対処法を調べようと、はいはいしながらパソコンの前まで移動してネットで調べたら、最初はとにかく安静にすること、だそうで。
子供に「お母さんは今すごく腰が痛いんだからね!乗っかったりしないでね!」と厳命してとりあえず横になって寝ることにしました。

ぎっくり腰を起こしたのが昼頃だったので、その日は仕事から昼頃帰ってくる予定だった(夜勤なのです)ダンナを待っていました。
私はお昼ご飯を作ることすら難しい状況だったので、早く帰ってきてくれないかな…と思って待っていたのですが、帰ってきたダンナはなんと風邪をひいていました!昨日出かける時はなんともなかったのに…。熱もある状態で私の介護どころではありません。
最近はめったに病気しないふたりなのに、よりによってふたりとも動けなくなるとは…。

私のほうは数時間休んでいたら、なんとか立ち上がれるようになったので、とりあえずお昼ご飯を作って子供に食べさせ、また寝ることに。
半日寝ていたらまあまあ良くなり、自分のことはなんとかなるようになりましたが、子供が泣いてもだっこもできない状態なので義母にSOSを出したら、昨日ご飯を作ったり子守りをしたりといろいろと手伝いに来てくれました。とってもとっても助かりました。
いや、ありがたきかな祖母の愛。

私は10数年ほど前、腰椎椎間板ヘルニアを患ったことがあり(手術で完治しています)腰が痛い場合の対処については経験があります。
でもぎっくり腰は初めてでした…。
どうやら最近の長時間のパソコンワーク(?)がよくなかったようです。
今は休み休み書いてます。
今パソコンに向かっているアナタも、長時間のデスクワークにはどうかお気をつけください。すわりっぱなしが良くないそうです…。
posted by はなずきん at 05:54 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

ブログの欠点

私はこのサイトで初めてブログをつけはじめて、次に「大好き!サニークラウズ」のブログをつけるようになりました。
こちらのブログのほうは、つぶやきというかまあ日記に近いものなので、多少使いづらいところがあってもあんまり気にならないのですが、かなり力を入れているサニクラのほうは、記事が増えてくるに従って使いづらいところが気になってくるようになりました。

細かいところを言うときりがないのですが、一番使いづらい!と思っているのが、過去ログの探しにくさです。
せっかくカテゴリ分けがあるのに、カテゴリで見ようとするとそのカテゴリの日記が全部出てくるだけで「タイトル一覧」を見ることができない…。
ひとつのカテゴリの中に30個も記事があり、しかもそのひとつひとつがかなりのボリュームを持っているので、これでは目的のものになかなかたどりつけません。
他のサイトはどうなんだろう?と思ってあちこちのブログサイトを見てみたのですが、無料のサイトはほとんどが同じような仕様(過去ログが探しづらい)でした。

ブログには「勝手にページを構成してくれる」とか「全文検索機能がある」とか、HPでは簡単にできないことがすぐできるという利点がありますが、過去ログに関してはかなり軽視されているような気がします。
ただの日記なら、過去の記事を読むということはあんまりないのかもしれませんが…私のような、データ集積型のブログをつけている人間にとっては、過去ログは大変貴重なものです。読んでいる側も過去ログをピンポイントで読みたいことが多いはずです。
でも、そういう機能がついているブログが世間にほとんどないのはどうしてなんでしょうね。まだブログの歴史が浅くて成熟していないということなのか、ブログ運営者の考えが古いのか。

私はブログ運営者に言いたい!
日々日記を書き散らすだけがブログではないはずです。
そうでない使い方をしている人のためにも、もっと過去ログを大事にしてほしい。読む側の立場に立ってブログを構成してほしい。
今後はもっともっと使いやすいブログが増えてくれることを祈ります。
posted by はなずきん at 03:06 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする