2005年02月25日

高いほうきを買いました

今、近くのデパートで「全国職人芸展」というのをやっています。
その中に「新井ほうき店」という東京の江戸川区にあるお店が出店をしていました。

いままで家で使っていたほうきは、確か結婚当初(9年位前)にホームセンターで購入したものです。
価格は1000-2000円程度だったかな。どこにでも売っているようなごく普通のお座敷用のほうきです。
私は特にほうき派というわけではなく、掃除機ももちろん使うのですが、食事のたびに屑をいっぱい散らかしてくれて、しかも掃除の邪魔が大好きな(掃除機が好きらしく、必ずいじりにきます)息子達がいるので、なかなか掃除機を出してくることができません。
そんなわけで手軽なほうきを使うことが多いわけですが、今使っているものは安いだけあって品質もそれなりというか…年月が経つうちにだんだんゆるんできて、掃くたびに草が取れてくるようになってしまいました。

そこでほうきを新調することにしたのですが、今度はちゃんとしたいいほうきを買おう、と考えていました。やはり安いものはそれなりだし、高いほうきは長い間もつそうですから、結果的にはそちらのほうがお得かなと。
しかし通販などではあまりそういうものを見かけないし、東京も東のほうにはほうき職人さんがいる店が多いようですが、こちら(多摩)のほうにはほとんどそういう店はありません。
なのでデパートでそういう催しがないかな?とここ1年くらいはチェックしていたのですが、やっとそういうお店に出会えたわけです。

広告には7350円のほうきが出ていたのですが、実際そのデパートの出店しているブースに行ってみると、もっと高いもの(1万5千円位)も安いもの(5千円くらい)もいろいろありました。
「何が違うんですか?」と聞いてみたら、「使っている草の質が違うし(高いもののほうが柔らかくはきやすくなっています)編み方も違う。草の量も高いもののほうが多い」んだそうです。
もちろん高いもののほうがしっかりしているし、使いやすそうではあるのですが、我が家の家計状況からいうとやはり1万5千円は高すぎ。かといって5千円くらいのものはややクォリティ不足な感じです。
コストと品質をはかりにかけて、結局は広告に出ていたのと同じ7350円のほうきを買ってきました。

正直なところ、店で見た時は「そんなにこのほうきはいいのだろうか?」とやや疑問を感じていました。そんなに美しく穂先が揃っているわけでもないし、触った感じもすごく柔らかいと感じたわけでもなかったのです。
1万を超す商品はさすがに「キレイ」な感じがしていましたが、このあたりの値段のものだとどうなんだろう…と思っていました。

でも、帰ってきて実際に使ってみたところ、今までのほうきとの差は歴然でした。
今までのほうきに比べると格段に穂が柔らかく、そのため細かいところのほこりも掃き出しやすいんです。はき残しもかなり少ない感じがします。
なんか嬉しくて家中を掃いてしまいました…。
高いけど思い切って買ってよかった、です。
あとは気になるのは耐久性です。こればかりは長期間使ってみないとわからないのですが、長いこともってくれるといいなあ。
posted by はなずきん at 18:14 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

至福の睡眠時間

私はふだんから結構寝付きがいいほうで、寝ること自体も好きです。
そのせいか最近になるまで「眠る環境」というのをそんなに気にしておらず、自分が寝る布団や枕、寝る時に着るもの…などにかなり無頓着だったのです。
が、長男を妊娠した時には初めて「なかなか眠れない日が続く」というのを体験しました。

「妊婦って大変なんです」にも書いたのですが、妊娠中は仰向けに寝られなかったり寝返りが打ちづらかったり…とふだんよりもかなり「寝るのに苦労する」状態が続きました。
その頃からだんだんと自分の寝る環境を整えるようになってきました。

まず私が試したのは、アロマオイルです。
リラックス効果のあるラベンダーや、自分の好きな香りの精油などをたらしたハンカチを枕元に置いてみたりしました。
これをやれば必ず眠れるというものでもないのですが、香りが気持ち良いので「眠れない」というイライラから少し開放されます。
今は毎日実行しているわけではないのですが、気が向いた時や眠りづらい時、体調が悪いときなどはときどきアロマオイルの助けを借りています。

そして次に気になったのが枕。
私は結婚前からずいぶん長いこと同じ枕を使っていたのですが、半分綿で半分そばがらのものを使っていたため、綿部分がへたってしまいかなりぺったんこになっていました。
妊娠中は横向き寝がほとんどなため、クッション性の少ない枕だと耳が痛くなってしまいます。なので、次男を妊娠したのを機に新しい枕を買うことにしました。
そして最初に買ったのが、通販生活でおなじみ「メディカル枕」 です。でも、この枕は残念ながら私には全く合わなかったので、返品してしまいました。(使用後返品OKの商品だったのです。)
その次に買ったのが、今使っているロフテーの「快眠枕」(現在はサーヴィカルピローという名前になっているようです)です。この枕は中身の素材を自分で選べて、高さを微調整できるのが大変良く、ぴったりと私に合った枕を手にすることができました。
妊娠中はこの枕でないと眠れず、実家に泊まる時も持っていったくらいです。
この枕のおかげで、私の「快眠度」はかなり上がったと言っていいでしょう。
ちなみにこの枕、ダンナや子供も気に入っているらしく、何かと私の枕を占領したがります。(同じものを買ってあげればいいんでしょうけど、けっこう高いのでなかなか買えません…)

さらに次男が生まれて布団がかなり手狭になったため(私は子供ふたりに添い寝しています)普通サイズの布団をふたつつなげられる「ファミリー布団(商品名は”ワイド敷きパッドセット”)」を千趣会で購入。(押入れに布団をしまう関係上、分割できる布団でないと不便だったため、つなげて大きくするタイプの布団にしたわけです。)
掛け布団もこのサイズに合わせて大きいものに新調したので、よく布団からはみ出していた長男も一緒におさまって寝ることができるようになりました。(実は、私が寝ているうちに布団を奪い取ってしまっていることも時々ありました…)
大きい布団にしてから布団のすき間に落ちることもなくなったし、私も夜起きるたびに掛け布団のチェックをしなくてよくなったので少し気が楽になったというわけです。

とどめはパジャマ。
サニークラウズのブログ「肌触りのいい、夜更かしパジャマ」にも書いたのですが、私はこのパジャマを買うまではそんなにパジャマの材質なんて気にしたことがなかったのです。
でも、このパジャマを買ってからは、これしか着たくなくなりました。
来月分でも注文したのですが、それが届くまでは1着しかないので、1日で確実に乾くような天気のいい日を選んで洗濯して、またその日の夜に着ているというはまりようです。
このパジャマで寝た時の幸せな気分といったら!このままずっと夜だといいなあ…なんて思ってしまうくらいなんですよ。

そして私が一番好きなのは、子供と添い寝することです。
寝ているさなかにギャーギャー泣かれたり、用事があるのになかなか寝付いてくれない時はそりゃイライラしますが、ぐっすりと寝付いている子供の寝息を聞きながら、ほかほかした子供とくっついて寝ている時はなんともいえない幸福感を味わえます。
半分寝ぼけて私にしがみついてくる子供もなんとも愛しいものです。(寝ぼけた長男に足を乗っけられたり背中を蹴飛ばされることもよくありますが)
まあ、実は子供が起きている時はあまりにもうるさすぎるので、寝ている時が特にかわいく思えるのかもしれませんが…。
あと何年子供と一緒に寝られるかわかりませんが、今はこの特権を享受していたい、と思っています。
posted by はなずきん at 01:19 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

大当たり!

先日、突然宅急便で大きな荷物が届きました。
はて、こんな大きなもの何か買物したかな?と思ってよく荷札を見ると…ああ、そういえばこんな懸賞に応募したっけ!というものだったんです。
当たったものは「MY映画館」という、液晶17インチディスプレイとテレビ使用するための変換機、そして5.1チャンネルのスピーカーシステムのセットです。あ、DVDのソフトも2本ついていましたが、これは全然見たくもないものでしたけど。

私は目が悪く、ワンデーアキュビュー(使い捨てコンタクト)を使用しているのですが、そういえばちょっと前にこの懸賞に応募したんでした。
すごくこれが欲しくて応募した…というわけではなく、応募ハガキがあったから応募した、ってな程度だったので、応募したこと自体すっかり忘れていたのです。内容のチラシもしばらく取ってあったんですが、締め切りが過ぎたしもう当たってないだろうと捨ててしまった矢先でした。

私自身はそんなにDVDを見たりしないんですが、ダンナがよく見るし、スピーカーシステムも欲しい…と言っていたので、当たればラッキー、くらいの気持ちで出したものだったのです。
当たったものはそんなに立派なシステムではなく、画質や音質はそこそこのレベルだったんですが、ダンナにはまあまあ喜んでもらえました。

私は懸賞の類はたまにしか応募しません。たまたま買った商品で懸賞をやっていたら応募する、という程度です。なのでそんなに当たったこともないのですが(たま〜にどうでもいいものが当たったりしますが…)こんな大物が当たったのは生まれて初めてです。
自分で当たって思ったのは「本当にこういうの、当たる人がいるんだ!」ということでした(笑)。

しかしワンデーアキュビューはいつも何かしらの懸賞をやっているんですけど、懸賞があるからこのコンタクトを買う!なんて人はどのくらいいるんだろう…。
私は品質的に合っているので買っているだけだし、ワンデーアキュビューは他のメーカーの製品より高いので、懸賞のためにこれを買う人なんていないんじゃないだろうか。
あまり宣伝効果ないんじゃないかなあ、と思ったりしました。
posted by はなずきん at 07:35 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

街で見かけた、似たファッションの人

私の家の近くのショップに、今私が目をつけているウェストポーチがあります。
子連れだと何かと手がふさがっていることが多く、ウェストポーチというのは非常に便利で今も使っているのですが、どうも今のものは形が気に入りません。
いや、カバンそのものの形ではなくて、体に装着する位置がどうも決まらないんですよね。ちょうど腰の位置にバッグがあると、上着を着た時にもこもこしてしまうし、遠目のシルエットもなんとなくダサイ感じになるのが気に入らないんです。

で、その目をつけているポーチはヒップバッグ風で平たい形をしていて、さらにデザインもかなり私好みだったので、買おうかな〜、でも値段がちょっといいな〜、と思ってしばらく悩んで、その店に行くたびに眺めていました。

そんなある日、全く同じものを手に取っている女性を見かけました。
自分がとっても気になる商品を手にしている人、というのはかなり気になるので遠くから眺めていたのですが、年齢も私と大差ないと思われる女性が、もうひとりの女性と「これいいよね」などといいながら試着(カバンの場合なんて言うんでしょうね)をしています。
その女性、よく見るとなんとなく私と同じようなファッションをしています。
花柄のシャツ、ジーンズ…これ、私が着ていても全く不思議はないなあ、という感じ。
やっぱり同じような好みの人は同じようなものにひかれるんだ…ってことが本題じゃなくて、ひとつすごく気になったのが、その人はどうも「見た目が野暮ったい」のです。
服自体はわりとオシャレなんですが(少なくとも私はそう思いました)問題は体型なのか、雰囲気なのか…。
これだけ似た好みの人が「ださく見える」というのはなんだかショックでした。

で、思ったのですが、街で自分が持っているのと全く同じ服(またはよく似た服)を着ている人を見かけたとき、その相手がオシャレであれば「よしよし」と思うのですが、どうもいまひとつ…だった場合ってショックを受けるものなんですね。
同じ服を着ているからといって同じように見えるわけではない、というのはわかっていても、なんとなく自分のセンスを否定されたような気になってしまうからなんでしょうかね。
まあ、そういう私も誰かにそう思われているのかもしれませんが…(笑)。
posted by はなずきん at 05:42 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

少し遅めのバレンタイン

私はバレンタインデーには、毎年ダンナには何かしらチョコをあげています。(チョコでなくプリンだったりいろいろありますが…)
最初のうちはいろいろ凝ってヘンなものをあげたりしていたのですが(凝った結果がヘンなチョコ…というのは私とダンナの付き合いならではです)結婚前も含めるとかれこれ17年の付き合いとなった今となってはもうネタ切れで、毎年どうしようか頭を悩ませていました。

ちなみに私はゴディバなどの「高級チョコ」の類をあげたことは一度もありません。
予算が限られているというのもありますが、その手のチョコは高いわりにあっという間に食べ終わってしまうので、わりとチョコが好きなダンナには物足りないと思われるからです。
「食べて満足できるもの」か「受けを狙えるもの」をあげたい私としては、フツーのいわゆるバレンタイン贈答用のチョコはあんまりあげたくないのです。

まして、ここ数年は子供が小さかったため、買物にも思うように行けず、チョコももちろんゆっくり品定めしているヒマなどありません。
子供も男の子ばかりだし、チョコのお菓子でも手作りしようかなあ、無印のチョコ手作りキットでも買おうかなあ…、と悩んでいるうちに、バレンタイン当日を迎えてしまいました。

仕方ないので当日は「今年は買えなかった」と告白(?)して、数日後、近くの無印良品のショップに行ったときに、ダンナに「この中で食べたいものはどれ?」と手作りチョコキットを選んでもらいました。
ダンナはチョコのムースがいいと言ったので、じゃあ買うか、と手に取って気づいたのですが、バレンタイン当日を過ぎていたため、とても安くなっているのです。500円くらいのキットがなんと半額に。
そうなのか、期日を過ぎるとこんなにも安くなるんだ…。来年もこの手でいこうかなあとちょっと考えてしまった私。(既婚者ならではのいい加減さ…さすがに彼氏にはこんなことはできないですよね(笑))

しかしそのキット、500円もするわりには、入っていたものはチップ状のチョコとココアパウダー、紙カップとフタとスプーン、のみ。
それとは別に生クリームと牛乳と卵黄が必要になるんです。
なんか詐欺みたいだ…と思いつつ他のものも揃えて、家に帰って作ってみました。

作り方は超簡単。生クリームと牛乳をあたため、卵黄とまぜ、さらにチョコをまぜて容器に入れて冷やすだけ。こんなのを手作りと呼んでいいのか?というくらいで拍子抜けしてしまいました。
できたものは結構おいしかったのですが、でもこれで500円はちょっとぼってないか?
直径4センチくらいの小さいカップに6個しかできないうえに、他の材料も買わなければならないのに…。いくらキットでお手軽とはいえ、足元見てるなあ(笑)。
バレンタインを過ぎて半額で売っていたということは、きっと原価はそれ以下なのではないかと踏んでいます。

ダンナも子供もけっこう喜んで食べてくれたのですが、来年は自分で材料を揃えて作ろう、と思った私でした。
posted by はなずきん at 23:37 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする