2004年09月30日

インテリアや雑貨、不思議に思うこと(人造大理石のシステムキッチン)

★人造大理石のシステムキッチン★
私は2年前に現在住んでいる家を購入しました。
この家は「建築条件付」といって、間取りなどはほぼ自分で決めることができましたが、建具などに使えるものはある程度決まっていて「これの中からどれにしますか?」という程度の変更しかできませんでした。本当は私はあらゆるものにもっとこだわりたかったのですが、予算の関係もあり妥協したわけです。
システムキッチンも使えるメーカーが決まっていました。最初は「これ」というのがだいたい決められていたのですが、話を聞くと「扉のグレードは高いが、システムキッチン自体は少し前のもの」だったのです。システムキッチンを購入されたことがある方ならご存知だと思いますが、システムキッチンの値段というのは、実はかなりの割合で「扉のグレード」が影響しています。
この家で最初に設定されていたものは天然木の扉。確かに見栄えはいいですが…台所についていえば、どちらかというと見栄えよりも実用性のほうを重視したかった私は、システムキッチン自体を最新の引き出し収納のものにしてもらい、その分扉のほうを一番グレードが低いものにしました。

さてあと問題なのがカウンタートップ(作業するスペース)の素材です。最初の設定では「人造大理石」になっていました。
人造大理石のカウンタートップは使ったことがなかったのですが、確かにおしゃれでいいかも…とは思いました。でも人造大理石とステンレスでは10万近くの値段の差があるので、予算の問題もあるしなあ、と思ってよくよく「人造大理石の使用上の注意」を見ると、
「鍋などの熱いものを直接置かないで下さい(耐熱温度250度)」だの「強い衝撃を与えないで下さい。割れることがあります」「クレンザーなどを使うと傷がつくことがあります」
だの書いてあります。
通常の使用では問題ないとも書いてありますが、我が家の「台所奉行」は実はダンナです。ダンナの道具使いは荒いですし「料理を作っている最中にそんなことまでいちいち気をつけてられるか!」と言う意見だったので(もっともです)人造大理石は却下することに。
で、結局ステンレスのトップに変更となりました。
実際台所を使ってみて「やっぱり、扉より使い勝手にこだわってよかった」と思っています。まあ、見た目もいいに越したことはないのですが…扉だけに20万円もかけられなかったし(安いものと高いものではそれだけ値段の差があるのですよ!)実用性は重視したかったので仕方ないですね。

しかし「熱いものを置けない」「衝撃を与えられない」カウンタートップって、かなり使いづらいのでは。いわば「工房」に近いような台所ですから、タフなつくりであってくれないと困ります。
油鍋を置くこともありうるし、クルミを割るのにカナヅチを使うかもしれないし、そういう時にいちいち躊躇しなければならない台所では困るのです。
強くて見た目がいいものがあれば、もっといいんですけどねえ。

と書いていたら、最近「シンクまで人造大理石でできている」というシステムキッチンの広告を見ました。
陶器のシンクは「食器を落とした時にとても割れやすい」と聞いたことがあるのですが、人造大理石だとどうなんだろう…。
私も実際使ったことがあるわけではないので、もし使っている人がいたら感想を聞いてみたいです。
posted by はなずきん at 23:30 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする