2004年09月19日

インテリアや雑貨、不思議に思うこと(帆布について)

私はインテリアや雑貨を見たり考えたりするのが大好きです。
ショッピング(といってもほとんど”見てるだけ”ですが)も好きですし、通販カタログを眺めているだけでもかなり楽しいです。
では実際自分の家はどうか…というと、そこそこ考えてはあるものの、雑誌に登場するような「素敵な部屋」にはちょっと遠い感じです(笑)。
ファッション同様、実用性を第一に考えてしまうからでしょうか…。
でも、実用的でもカッコ悪いモノは置きたくないので、リビングの棚を見つけるのに引っ越してから2年もかかってしまいましたけど。

インテリア関係の本を読んだり、通販カタログを見ることにかけては、私はかなり「こなして」いるほうだと思います。(ヒマさえあれば見ているという感じですから)
そうしていろんなものを見ていて、いつも疑問に感じることがいくつかあるのですが、これから何日か、そのことについて書いてみたいと思います。

★帆布について★
まず、最近けっこう流行りの?帆布の家具や雑貨たち。
洋服を入れるロッカーやら、棚に入れる箱やら、いろんな帆布製品が出ています。
確かに見た目は結構おしゃれですよね。そんなに主張はしないけどナチュラルな感じで、私も帆布の質感は好きです。が、生成りの帆布を家具や雑貨、バッグなどで取り入れることは、私は「絶対」しません!
というのも、以前帆布の製品を使ったことがあるのですが、ホコリはたまるわ、だんだん黒ずんでくるわ、洗っても落ちない(洗えないものもある)わで、きれいなのは最初の1年くらい。洗ってキレイにできたとしても最初の質感は保てず、なんともくたびれた感じが漂ってしまうのです。
生成りでなければ「使いこんでいい感じ」に見えたりするんですが、なぜか生成りの製品のほうが圧倒的に多いんですよね。
特にバッグは悲惨です。絶対汚くなります。底は真っ黒、全体は灰色。
でもこれだけ流行っているということは、みんな気にしてないのか、使い捨てだと割り切っているのか…?

ちなみに私は「片付け好き」ではありますが「掃除好き」なほうではありません。モノが散らかっているのはイヤなんですが、ほこりが多少たまっていても目をつぶります。そりゃもちろんほこりもたまっていないほうがいいに決まっていますが、「ほこりが目に見えるまでためない」頻度ですべての場所の掃除をするのは、私には不可能です。
ですので、インテリアも雑貨もファッションも「手入れがとても大変」だったり「汚れが目立つ」ものはまず手を出さないんですが、世の中には結構そういうモノが出回っているんですよねえ。
私がずぼらなだけなのか、みんなが汚れを気にしていないのか。謎です。
posted by はなずきん at 22:31 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする