2004年09月30日

インテリアや雑貨、不思議に思うこと(人造大理石のシステムキッチン)

★人造大理石のシステムキッチン★
私は2年前に現在住んでいる家を購入しました。
この家は「建築条件付」といって、間取りなどはほぼ自分で決めることができましたが、建具などに使えるものはある程度決まっていて「これの中からどれにしますか?」という程度の変更しかできませんでした。本当は私はあらゆるものにもっとこだわりたかったのですが、予算の関係もあり妥協したわけです。
システムキッチンも使えるメーカーが決まっていました。最初は「これ」というのがだいたい決められていたのですが、話を聞くと「扉のグレードは高いが、システムキッチン自体は少し前のもの」だったのです。システムキッチンを購入されたことがある方ならご存知だと思いますが、システムキッチンの値段というのは、実はかなりの割合で「扉のグレード」が影響しています。
この家で最初に設定されていたものは天然木の扉。確かに見栄えはいいですが…台所についていえば、どちらかというと見栄えよりも実用性のほうを重視したかった私は、システムキッチン自体を最新の引き出し収納のものにしてもらい、その分扉のほうを一番グレードが低いものにしました。

さてあと問題なのがカウンタートップ(作業するスペース)の素材です。最初の設定では「人造大理石」になっていました。
人造大理石のカウンタートップは使ったことがなかったのですが、確かにおしゃれでいいかも…とは思いました。でも人造大理石とステンレスでは10万近くの値段の差があるので、予算の問題もあるしなあ、と思ってよくよく「人造大理石の使用上の注意」を見ると、
「鍋などの熱いものを直接置かないで下さい(耐熱温度250度)」だの「強い衝撃を与えないで下さい。割れることがあります」「クレンザーなどを使うと傷がつくことがあります」
だの書いてあります。
通常の使用では問題ないとも書いてありますが、我が家の「台所奉行」は実はダンナです。ダンナの道具使いは荒いですし「料理を作っている最中にそんなことまでいちいち気をつけてられるか!」と言う意見だったので(もっともです)人造大理石は却下することに。
で、結局ステンレスのトップに変更となりました。
実際台所を使ってみて「やっぱり、扉より使い勝手にこだわってよかった」と思っています。まあ、見た目もいいに越したことはないのですが…扉だけに20万円もかけられなかったし(安いものと高いものではそれだけ値段の差があるのですよ!)実用性は重視したかったので仕方ないですね。

しかし「熱いものを置けない」「衝撃を与えられない」カウンタートップって、かなり使いづらいのでは。いわば「工房」に近いような台所ですから、タフなつくりであってくれないと困ります。
油鍋を置くこともありうるし、クルミを割るのにカナヅチを使うかもしれないし、そういう時にいちいち躊躇しなければならない台所では困るのです。
強くて見た目がいいものがあれば、もっといいんですけどねえ。

と書いていたら、最近「シンクまで人造大理石でできている」というシステムキッチンの広告を見ました。
陶器のシンクは「食器を落とした時にとても割れやすい」と聞いたことがあるのですが、人造大理石だとどうなんだろう…。
私も実際使ったことがあるわけではないので、もし使っている人がいたら感想を聞いてみたいです。
posted by はなずきん at 23:30 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

インテリアや雑貨、不思議に思うこと(カラーボックスを改造しても…)

★カラーボックスを改造しても…★
最近「部屋を改造して収納を充実させる」系の本や番組がさかんですよね。私もその手のものを見るのは好きなのですが、見ていて「これは自分ではやりたくないな〜」と思うことがあります。
「カラーボックスを改造して新しい家具を作る」です。
いや、独身の人や引越しが多い人はそれでもいいのでは?と思う方もいるかもしれません。
私も実際、家を買うまでは「間に合わせ」の家具で済ませていましたし、今も「近いうちに置く場所や使い方も変えなければならないだろう」と思われる子供用のおもちゃ入れは、すでに家にあったカラーボックス(とはいえ木目の、できるだけ目立たないものですが)をとりあえず使っています。
でも、間に合わせで買った家具でも、意外と長く使うことになってしまうんですよね。
我が家には私が学生の頃買った、カラーボックスに毛の生えたようなちょっと大きい棚がまだ残っているのですが(現在は使っていない子供部屋に置かれています)買った時は結婚した後まで使うことになるとは思っていませんでした。でも実際は”家を買うまでは新しい家具は我慢しよう”と思って結婚後も結局使い続けたのです。
ですので、間に合わせとはいえ、やっぱり家具にはある程度見栄えは求めたいものです。
子供の生活の変化がある程度落ち着いてきて、子供部屋をきちんと整えられるようになったらば、カラーボックスは使いたくありません。何がイヤって、表面が化粧合板仕上げなことです。これが天然木でできたものなら同じようなつくりの棚でも構わないんですけど…。
化粧合板の家具は確かに安いです。でも、やっぱりどう見ても安っぽい。
天然木のものなら傷は味になるけど、化粧合板のものは汚く見えるだけです。

私は家具にもそんなにお金をかけたいと思っているわけではないので(そりゃ、お金があれば高いのも欲しいですけど)安いに越したことはないですが、それでも「どう見ても安っぽい」家具は新しく買うことはもうしないでしょう。
カラーボックスはどう改造してもやっぱりカラーボックスの面影が残ります。お金をかけずに「多少」見栄えよくすることはできますけど…それでもある程度のお金をかけて改造するわけですよね。それならばもう少しだけいい家具を買ったほうがいい気がします。
posted by はなずきん at 13:20 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

インテリアや雑貨、不思議に思うこと(日本人はソファ好き?)

★日本人はソファ好き?★
私が以前から感じていることなんですが、どうして日本人は「ソファ」が好きなんでしょうか。
家具の通販カタログを見ても、家具屋さんを見ても、ソファというのは必ずあって、しかも結構な種類が置いてありますよね。ということはそれだけ買う人がいるってことで…。
実は私はあんまり好きじゃないんです。
ソファって座った瞬間は気持ちいいですが、座り心地が柔らかかったり、背もたれの角度がありすぎたりで、だんだん居心地が悪くなるものがほとんどではないでしょうか。
それになんといっても場所を取ります。広大なリビングがあるご家庭ならいいですが、8畳間くらいのリビングにぎゅうぎゅうにソファが置いてある家なんかを見ると「どうしてそこまでして?」と思ってしまいます。
なんというか、欧米生活っぽいところがいいんでしょうかねえ。
でも、日本人の生活にはあんまりソファって合わないと思うのです。少なくとも、ダイニングとリビングが分離できるくらいの間取りでないと、マイナス面のほうが多いような気がします。
他人の家にいって、勧められてソファに座ったはいいけど、気づいたら床に座ってソファによりかかっているとか…そういうこと、よくありませんか?

私は普通の椅子に座るか、床に座るほうが好きです。フローリングだとそのまま座ると痛いですから、座椅子というかローソファみたいなものは便利かもしれませんが。
おそらく日本人の大半が「そのほうが楽だ」と思っていると推測しているのですが「ソファがキライ」という意見はあんまり聞かないんですよね。みんなどこかでそう思っていつつもソファの魅力に抗しきれない…のかなあ。
ちなみに私は、固めのひとり掛けのソファ(椅子に近いような形のもの)だけは好きです。ソファに体を預けていても疲れないし、話したり何かを食べたりするのにも楽な姿勢ですから。
posted by はなずきん at 15:20 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

インテリアや雑貨、不思議に思うこと(欲しいのにどこにもない家具)

★欲しいのにどこにもない家具★
ずっと前からこういうモノが欲しい!と思っているのに、なぜかどこを探しても売っていないという製品があります。それは「(おしゃれな)小さい分別ゴミ箱」です。
洗面所に置くために欲しいのですが、なぜかそういうものはないんです。
分別ゴミ箱というと、台所用の大きいものばかり。小さいものでも奥行き30センチはあるようなシロモノばかりです。
洗面所なんてそんなにたくさんゴミは出ません。でも、ゴミは毎日必ず出るので(私は使い捨てコンタクトなので、毎日そのゴミが出ます)ゴミ箱がないと困るんです。私は分別しないでゴミを捨てることはしたくありませんし、スペースが限られているのであまり大きいものは置きたくないのです。
できれば縦に2つ重ねられるようなもので、奥行き20センチくらいのものがあるといいのですが…。それと小さい子供がいるのでフタはあったほうがいいんです。もちろん派手な柄やキャラクターがついていない、シンプルなもの。
こういうもので、お値段はせいぜい1000〜2000円程度でおさめたい。(大きさから言えば100円ショップでもありそうなものじゃないですか!)

ホームセンター、100円ショップ、通販カタログ、あらゆる場所を探してみましたが私の希望のものはありませんでした。
こういうの、欲しがっているのは私だけなのかなあ?
もしそういう商品をご存知の方がいましたら、ぜひ教えてください。
posted by はなずきん at 18:13 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

インテリアや雑貨、不思議に思うこと(ダンボール家具)

★ダンボールの家具!★
私の嫌いなものがダンボールの家具。
見た目がキライなんじゃありません。「無印」好きの私としては、むしろ外見は好きなほうです。
つまり、以前は使っていたわけですが…その経験からいくと、ダンボールの家具は、使っていくうちに絶対「へたる」のです。
最近は金属フレームなどで補強してあるので、へたってきても使用上はあまり問題ないのですが、見た目がよろしくなくなるのです。ふちがすれていたり、あちこちへこんだり、重さがかかっているところが曲がっていたり。
これが木の製品なら、傷は「味」になるのですが、ダンボールの場合はあまりそう見えません。
「すぐ引越しするから安くて軽い家具がいいわ」なんて場合はまあ、いいのかもしれませんけど…でもそれならプラスチックのもののほうが安くてへたらない気がするなあ。
ダンボール家具って強度と見た目のわりには意外と高いのも解せないところです。もう少しがんばってへたらない家具を買ったほうが結果的にお得な気がします。
posted by はなずきん at 07:58 | Comment(0) | インテリア、雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする