2004年07月25日

キャラクター商品は好きですか?(その2)

(前日よりの続きです)
キャラクターものは、確かに子供の興味をひきます。ある程度以上大きくなった子供の大半がそういうものを欲しがるのは確かです。現に我が家の長男も、これだけ避けていたにも関わらず、アンパンマンやプーさんが好きです。(どういう話かは知らずに、キャラクターのみしか見ていないのですが。)
でも、よっぽど好きなものでない限り、キャラクターものは飽きます。売るほうもそれを見越してか、次々と新しい商品を出して来ますよね。
次々と使い捨てられるおもちゃやグッズたち…確かに私が子供の頃からキャラ商品はありましたけど、今の商品の多さ、サイクルの短さは異常ではないでしょうか。

私は何も「赤ちゃんに与えるのは良質のものに限る」なんて思っているわけではありません。イイものはお値段もイイので、一時期しか使わないものにそんなにお金をかけられる人は少ないでしょう。
何もお高い商品ばかり作れと言っているわけではないのです。ごく普通の商品にキャラクターをつけずに売って欲しいだけなんです。でもそれでは売れないんでしょうか?
とすると問題なのはメーカーだけでなく、それを良しとしている「親たち」なのかもしれません。
こんなことでいいのか、ニッポン!と思っている私は少数派なんでしょうか。

そんなわけで、電車大好きな長男にも、「きかんしゃトーマス」や「しんかんせん」(サンリオの新幹線のキャラクター)はほとんど与えていない私でした。
本人がどうしても欲しがれば与えるかもしれませんが、親から進んで刷り込みたくないんです。
電車そのものが書いてある商品だったら喜んで買うんですけど、そんなものほとんどないんですよねえ…。どうして子供の好きそうなものはなんでも「キャラクター」にしてしまうのでしょうか。

これは余談ですが、赤ちゃん向け商品で、キャラクターものでないものを探していると、”クマ”が必ず顔を出します。(念のため、動物のクマですよ。)
洋服だろうが、よだれかけだろうが、おまるだろうが、布団だろうが、椅子だろうが、とにかくなんでもクマが描いてあるのです!それぞれ出している会社は違うのに、やたらとクマ柄が多い。日本だけでなく海外の製品もです。
赤ちゃん向け商品に柄を入れるとなるとまあ何かの動物、となるのは無理もないとは思うのですが、クマ以外の動物はかなり少数派です。私なりに分析してみたところだと(数字は適当ですが)以下のような感じです。
1位 クマ(70%)
2位 ウサギ(15%)
3位 ゾウ(10%)
以下 カエル、ヒヨコ、アヒル、ライオンなどが少し。
なぜか身近なイヌ、ネコはほとんどいないのが不思議。
しかしどうして赤ちゃんには「クマ」なのか?実物は結構怖い動物なのにねえ。赤ちゃん業界の人に、なぜクマがいいのか教えて欲しいです(笑)。
posted by はなずきん at 21:15 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする