2004年07月20日

「通販生活」ってこんな生活?

最近固い話題が続いたので、今日はちょっと軽い(?)話題をば。

「通販生活」という雑誌があります。愛読しているとは言い難いのですが、なぜか毎号送られてくるのでよく読んでいます。
なぜ毎号送られてくるのか、というとちょいちょい買物しているからでしょう。
といっても購入するのは年に数回という程度なんですけど。

結婚する前は「通販生活」はただ本屋で立ち読みするだけで、商品を購入することはない雑誌でした。
当時はこの雑誌に載っている商品(だいたい、どれも良い代わりに高い)を買うことはある意味「憧れ」だったのですが、実際に商品を購入してみると…いろいろと不満も出てきました。

いくつか商品を買ってわかったこと。
”通販生活の誌面は、あまりにもほめちぎりすぎ”

確かに悪い製品ではないものがほとんどです。
でも、余りに誌面でほめられすぎているし、いかにも正直風な「欠点も全部紹介してますよ〜」的なことが書かれているので、書かれていない欠点があると非常に腹が立ちます。
そしてそれなりに「いいお値段」がするものばかりなので「そんなにお金を出してまで買う必要があったのだろうか?」と思ってしまいます。もう少し控えめに紹介してあれば、ここまで腹が立たないのでしょうが。
もともと私は通販をよく利用するほうで、カタログと実物のギャップには慣れているつもりなんですが、通販生活はちょっと誇大広告なんじゃないでしょうか。

そしてそう思っているのは私だけではない、というのが、通販生活のサイトを見てわかりました。今は休止していますが、商品についての購入者の感想をそのまま掲載するという「商品情報」というコーナーがあったのです。
そこでみんなの感想を読んでわかったのが「売れている商品ほど、不満を感じている人も多い」ということでした…。(よく考えると当然ではあるのですが)
通販生活ではたまに「売り上げランキング」特集なんて号を出していますが、問題は売り上げじゃなくて(売上が上がるのは誌面でほめているからでしょう)買った人の満足度ではないのでしょうか?

最近通販生活を見て「あ、これいいな」と思ったものは、まずネットで評判を検索してから買うかどうかを決めています。まだ口コミのほうが信用できます。
コンセプトとしては悪くない雑誌なんですから、通販生活には誌面作りについて再考を求めたいものです。

★私が失敗したと思っている買物
「山崎範男のミシン」
別にひどい商品ではありませんが(でもちょっと使いづらい)どこがそんなにいいのか、正直よくわかりません。私は初心者じゃないけど全然初心者向けでもないし。
「メディカル枕」
全然合いませんでした。今まで合っていなかったと思う枕では熟睡していたのに、これをしたら眠れませんでした。使用後返品OKだったので、当然返品しましたよ〜。合う人も多いのでしょうが、合わない人も(通販生活の思っている以上に)多くいるものと思われます。
ちなみにこれを返品した後、ある店舗で購入した「ロフテーの快眠枕」は最高にイイです。自分で素材も高さも選べるし、枕が合うってこういうことなのか!と感動しました。特に妊娠中はこの枕なしでは眠れませんでした。
「引出し式食器棚」
これは通販生活で買ったものではないですが、通販生活で「引出し式が使いやすい」とさんざん言っていたので買ってみた別のものです。
が、私は引出し式のほうが使いづらいです。食器をしまった位置を覚えていないと何度も開け閉めしなければならないのでかえって不便。
「ホシザキ食洗器」
通販生活ではビルトイン型が売っていなかったので、直接ホシザキから(正確に言うと工務店経由ですが)買ったものです。
洗う時間が短いのはいいけど、カゴが使いづらい!かなり考えないとお皿を入れられないので、ダンナが使ってくれません。

★悪くはないけど宣伝ほどじゃないと思う買物
「アウロ社床ワックス」
確かにナチュラルで使いやすいですけど…指定の濃度(かなり薄い)でやると、全然ワックスがけしたように見えません。「自然なツヤ」と書いてありますが、私には自然なツヤさえ感じられないのですが。この商品にはみつろうが入っていますが、みつろう単体のほうがもっと光りますし…。
本当に保護されてるのかも疑問。指定の濃度で使う限り、これはワックスというより「床の油分が落ちない洗浄剤」では…?

★まあ良かったと思っている買物
「磯淵猛のティーポット」
”紅茶の話”で詳しく書きましたが、”上澄み機能”はともかくとして紅茶ポットとしては使いやすいです。

こうして見てみると、実はすごく満足している商品がありません。
なのに時々買物してしまうのはなぜなんでしょうか(笑)。
posted by はなずきん at 22:44 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする