2019年02月23日

新しい黒リュックが欲しい!(後編)マリメッコの「バディ」を買いました

新しい黒リュックが欲しい!(前編)今気になるものを、いろいろ背負ってみました。 より続いています。

次に「これはどうだろう」と思ったのが、マリメッコの「バディ」というリュックです。
これ、実は、前回黒リュックを探した時には「これはパス」と思って買わなかったのですが…
黒いリュックの研究(その3)どの条件を重視するべきなのか?

その時は、サイドポケット下についている、反射テープのラインが気になってどうも合わないな〜と思ったのですが…なんでか、今回はしょって鏡を見ても、ほぼ気にならなかったのです。
というか、むしろ「アウトドアっぽい」感じがほんのりするので「これもいいかも」と思っ
たのですよ。
不思議ですねえ〜?2年の間に好みが変わったんでしょうか?(笑)


これは機能的にも、私の必要条件をすべて満たしていますし、背負ってみると、おにぎりっぽい三角形のフォルムが可愛いのです!
そういえば、今まで私が背負ってしっくり来ると感じたのは、「上が狭く、下が広い」三角形タイプのものが多かったかも…
四角っぽいリュックよりこっちのほうが、私の体型的には合いそうです。

私はこういう
「バッグを持った時の、自分とバッグの見た目の相性」
をかなり気にするのですが(機能最重視の登山リュックでさえ、背負った時の見た目はかなり気にします!)、そういう人はあまり多くないのか、カバン売り場ってあまり鏡が置いてありませんよね〜。
カバンはポーチなどと違い、体にフィットさせて持ち歩くものなので、体型とか雰囲気によって、合うカバンってけっこう違うと思うんですけど。持ちやすいかどうかもですが、見た目についても「フィット感」を気にするべきものだと思います。
いつも、バッグ売り場にも、もっと鏡を置いてほしいな〜と思っています。

ちょっと話はずれますが、メイク用品売り場でもごく小さい鏡しかなかったりしますよね。
でも、顔だけアップで見てもよくわからないと思うんですよ。体型も含めたファッション全体と、メイクとのバランスって大事だと思うのですが〜。もっと大きい鏡を置いてほしいといつも感じます。


さて、話を戻しまして…
マリメッコのリュックは、ナイロン素材金具がつや消しシルバーなので、スポーティー感があり、ユニセックスっぽいけどほんのり女性らしいのがいいです。
今までの「男子大学生っぽい」コールマンのリュックよりは「大人の女性寄り」な感じ。

お値段は税抜き2万ちょっとで、値札に「お買い得品」と大きく書いてありました。あれ?これって安くなってるの?と思ってネットを調べたら…
正規輸入品だと税抜き24840円します。
それ以外にも並行輸入品とかなんとか書いてある、15000円くらいのものがネットにはたくさんあるのですが…

並行輸入品のほうが安くていいのでは?と思ってレビューを見てみましたが…
どうも、本物であっても、海外仕様のものは雑なものもあるようです。もしかして偽物?というようなものもあるみたいで。

↓これは正規品です。
【正規販売店】マリメッコ バックパック ローディー バッグ バディ (marimekko Roadie Bag Buddy) - free design(フリーデザイン)
【正規販売店】マリメッコ バックパック ローディー バッグ バディ (marimekko Roadie Bag Buddy) - free design(フリーデザイン)

メルカリでもこのリュックはけっこうたくさん出ているのですが、本物なのかどうか判別がつきかねます。安くなっていても、状態のいいものは1万円以上はするので、それならきちんと店舗で新品を買ったほうがいいと思いました。
私が店舗で見たものは正規品で、それで20000円ちょっとなら(税込みだと23000円くらいになるのですが)、やっぱり「お買い得品」のようなので、店舗で買うことにしました。

「バディ」は、マザーズバッグとしてもよく使われているようです。
底マチが大きいのもあり、容量はけっこう入ります。女性としては「身長高め、背中広め」の私がちょうどよいバランスだと感じるので、普通の体格の女性には若干大きく感じるかもしれません。
マリメッコにはこれより少し小さめの「メトロ」というリュックもあるので、そんなに容量が必要ない方にはこちらのほうがいいかも。

◇正規輸入品 マリメッコ リュック メトロ - cortina(コルティーナ)
◇正規輸入品 マリメッコ リュック メトロ - cortina(コルティーナ)


「バディ」のレビューを見てひとつ気になったのが、正規品でも
「肩ベルト調節の金具がゆるく、歩いているとベルトが伸びてしまう」
というものでした。

それは困るなあ。ベルトがずれないように止めておく方法はないだろうか?と調べていたら…こんな動画がありました。
【マリメッコ リュック ずれない肩紐の通し方】 Buddy(バディ)、Metro(メトロ)


こんな動画があるくらいだから、このことで困っている人がかなりいるってことですね(笑)。
それだけ、人気商品でもあるということでしょうか。

それと、レインカバーはついてないんですよね!
レインカバーを使う頻度はそんなに高いわけではないですが、いざという時にはあったほうがいいので…
アウトドア用ではないのでそんなに丈夫でなくてもいいし、Amazonで適当に安いものを買いました。
雨の夜に黒っぽい恰好をしていると、車から全然見えなくて危ないので、ファッション性よりも安全性重視で反射素材がついているものにしました。
↓これのSサイズがちょうどよかったです。
レインカバー リュックカバー夜間反射 軽量 高耐久性 撥水 収納袋付き
レインカバー リュックカバー夜間反射 軽量 高耐久性 撥水 収納袋付き


というわけで…
このマリメッコのリュックを買っちゃいました!

実際にしょってみたら、コールマンのリュックより軽く感じます。
カバンの重量もマリメッコのほうが少し軽いのですが(コールマンは635g、マリメッコは616g)その差というよりは…
肩ベルトが幅広で薄くてフィットするのと、本体の素材が固めで「ハコ」がかっちりした形なので、物を入れた場合の重心の場所が違うせいかもしれません。(※肩ベルトの幅は6.5cmとわりと広めなので、体の幅が細い方には太すぎると感じるかも…。)
私の体格には合っているのか、非常に背負いやすく感じます。
これもコールマンのリュックに代わって、超ヘビロテになりそうです。

最初、後ろ正面から見た写真を撮りましたが、斜めから見たほうが可愛いので撮りなおしました!
そして、実際に背負った時が、最もかわいく見える気がします(笑)
IMG_5887_1.JPG
つや消しシルバーのカラビナがアクセントになってます。
カラビナがあるとアウトドアっぽい雰囲気になりますが、つや消しシルバーなのでその感じが「ほどほど」でいいです。

肩ベルトにも反射テープがついていて、ここもちょっとアウトドアっぽい感じがします。
IMG_5885_1.JPG

ワンピとかスカートの時には、今までのコールマンのリュックでは合わなかったので、レディースっぽい黒リュックも持っていたのですが…
ミニマルなワードローブ目指して(その6)この秋冬に買ったもの 黒リュック編

このマリメッコのリュックなら、スカートの時でもいけるかな?
やや「アウトドア色」があるし、デッカイので、フェミニン系の格好にはビミョーな感じはしますが…
私はそんな服は数着しか持ってないし、着る機会も少ないので…その時は革トートで対応すればいいかな。

「リボンチャーム」のリュックは容量もやや小さいので、断捨離しようと思います。
これを買ったおかげで、今までふたつあった黒リュックをひとつにできて良かったです。


そして、コールマンのリュックはまだ使えそうなので、街っぽいリュックをひとつも持っていない主人に譲ることにしました。
主人は、アウトドアでないお出かけの時に持つ、ちょうどいいカバンがなかったので。


「ミニマルなワードローブ」を目指して、これだけカバンの数を絞り込んでからの、初めてのリュックの買い替えでしたが…。
やっぱり、たまにカバンを変えると新鮮ですね(笑)。どんなに気に入ったものでも、毎日のように持っていると飽きるし、自分の好みも変わるし、自分に似合う服も変わっていくので…
私は「すごく高くていいもの」よりも、このくらいの「ほどほど」な値段のものをある程度使い倒して、買い替えて使うほうがいいかなと感じています。


↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション

posted by はなずきん at 09:59 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

新しい黒リュックが欲しい!(前編)今気になるものを、いろいろ背負ってみました。

私は2年ほど前に、コールマンの黒いリュック「JNデイパック」を購入しました。

その時の話はこちら→黒いリュックの研究(その4)「ときめき」を重視して選ぶ

このリュックは使い勝手も見た目もかなり気に入っていました。私は外出の時、9割はジーンズやパンツなのですが…その時には、ほぼこれを使っていました。
それだけヘビロテで使っていても、引手の革の部分が伸びた程度で…まだ本体のつくりも生地もしっかりしてます。さすがアウトドアメーカーのコールマン製ですね。

ただ…、さすがにちょっと「飽きた」んですよね〜(^^;
ほぼ毎日のように使ってましたからねえ。

お値段も8316円とお手頃でしたし、これだけ使ったら十分元は取れたと思います。飽きてさえいなければまだ十分使えそうなので、お値段以上の価値ありでした。


しかし、「黒いリュック」は、私のワードローブのほとんどに合う感じだったので、使えるな〜と思いました。
フェミニンなスカートやワンピの時はコールマンのリュックはちょっと合わないので、違う黒リュックや革のトートバッグを使っていましたが。
今度は「ちょっと違う黒リュック」が欲しいな〜と探してみました。
求める条件は、前回とほぼ同じです。


まず、見た目についてですが…

@色は黒。しかし、黒一色で何もポイントがないものは、私には地味だと感じるらしい。
A全体の形は、メンズっぽすぎたり、もろにアウトドアっぽいものは除外。
B肩ベルトがほどほどに太く、体の前面部分から見える金具やメッシュ部分が目だちすぎないシンプルなベルトがいい。

この条件を満たしていたほうが、合わせられる服が多いのです。

そして使い勝手では…

C素材は革や合皮や綿ではなく、ポリエステルやナイロンなど、合成繊維のもの。
D容量は、A4サイズの書類が入って、小さくもなく大きすぎもしないもの。(20リットル程度)
E両サイドのポケット必須。それ以外に外ポケットひとつ以上。
Fメイン部分の荷物が取り出しやすいもの。上蓋を開けないと荷物が取り出せないようなものはダメ。

コールマンのリュックは、軽くて丈夫なので使い勝手が良かったのです。
ほぼ同じ時期に買った「チャムス」のリュックは、アウトドアだけでなく街用にもしようと思っていたのですが、ちょっと大きくて重いのが難点で、ふだん使いにはあまり使えていません(*_*)。デザインは好きだし、アウトドア用としては使い勝手はいいので、低山の山登りの時は必ず使ってますけど。
アウトドアと街でも使えるリュックを買いたい!(その3)やっぱり赤にしよう

そして、前回は「できればサイドポケットがあるもの」で考えてましたが、実際使ってみたら、私にはサイドポケットは必須です。私はたいてい飲み物とスマホを入れています。

G価格は高すぎず、安すぎなければいい。
今回は予算1万〜2万くらいで考えました。

これを念頭において、いろいろ見てみました。


ちょっと予算的にはオーバーですが、ポーターはどうだろう?と見てみたのですが…
容量的に大きめのものが多いのと、サイドポケットのないものが多いこと、デザインがシンプルすぎたり、メンズ色が強すぎたりで、どうもしっくり来るものがありませんでした。

↓これは、機能やサイズ的にはちょうどよかったのですが…デザインが地味でした。
【新作 2018】吉田カバン ポーター リュック  831-16118 - ギャレリア Bag&Luggage
【新作 2018】吉田カバン ポーター リュック 831-16118 - ギャレリア Bag&Luggage


私は学生っぽいリュックが好きなのですが、ちょうど通学リュックをいろいろ置いている時期だったので、「ROXY」とか「MEI」なども見てみましたが…「MEI」も「ROXY」も、バックル部分が(私にとっては)若向けすぎる感じでしたね。

ROXY(ロキシー)バックパック ALL I NEED【RBG191316】 ネイビー - サクラ サーフ&スポーツ 江ノ島
ROXY(ロキシー)バックパック ALL I NEED【RBG191316】 ネイビー - サクラ サーフ&スポーツ 江ノ島

MEI エムイーアイ メイ フラップリュック - BAG SHOP ARR
MEI エムイーアイ メイ フラップリュック - BAG SHOP ARR


コールマンも新作リュックが出ていたので、チェックしてみました。
アウトドアっぽいのは除外して、街っぽいリュックを見てみましたが…

コールマン リュックサック バックパック クアドラ オフザグリーン カバンの店 東西南北屋
コールマン リュックサック バックパック クアドラ オフザグリーン - カバンの店 東西南北屋

コールマン リュック アトラス クアドラ(20L)[全5色]
コールマン リュック アトラス クアドラ(20L)[全5色]

今回私が気になったのは、全体のフォルムが四角いものが多かったのですが…
実際に背負ってみると、カクカクしているデザインはどうも私に似合わないんです。なんか背中に無理やりくっつけているような感じがするんですよねえ。しっくりなじんでないというか。
こういう形は、スリムな人のほうが似合いそうな気がしました。
私は太いというほどではないのですが、平べったい体型で背中が広いので合わないのかな〜と思いました。


(続く)

↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション

posted by はなずきん at 08:30 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

山ガール!&ふたたび、娘の寝言

最近、娘(小6)が山登りをしたがっている話を先日書きましたが…
これがホントの、山「ガール」!?

私は登山アニメ「ヤマノススメ」の、話そのものはあまり好きじゃないんですが(ほんと、いろいろ突っ込みどころが多すぎるんですよ!)ちょこちょこ富士山が出てくるので…(笑)
まあ、いちおうチェックしなければと一通り見たのですが、すでに一回見終わった娘も一緒に見ていました。
山登り初心者のヒロインが、友達と一緒にいろいろ出掛けたりして新しい経験をして楽しい…って話が多いので、娘にはちょうどツボにはまるのでしょうね。

「ヤマノススメ」のヒロイン、あおいは、最初の富士山登山では高山病にかかってしまい、八合目で挫折してしまいます。
友達ふたりは頂上まで行ったのですが、あおいは「なんで、自分だけこんなことになっちゃったんだろう」と心が折れてしまい、下山後もずっと落ち込んでいるのですが…。

それを見ていた娘が
八合目まで行けるだけでもスゴイのにねえ。なんでこんなにマイナス思考なんだろう」
と言うので…

「八合目まで行けるだけでもスゴイって、あおいのこと?それとも、〇〇(娘)のこと?」

「いや、両方だよ。私だって、富士山の八合目まで行けてすごかったと思ってるよ

「でもねえ〜。あんた、頂上まで行けてないよね〜?
お鉢巡りもしてないしね〜」(←私もお鉢巡りはしてないので、今年やる予定ですが!)

「そりゃさ…、私もちょっと悔しかったけどさ。
あとで、もうちょっと頑張ればよかったって思ったけど

「でしょ〜?私も子供の頃、頂上まで行けなかったのが悔しくて、こんな年でまた登ろうと思ったんだからさ

「う〜ん…、う〜ん、やっぱり私も頂上まで行きたいかなあ…

「だよね〜。やっぱり頂上まで行くべきだよね〜(笑)。
でもまだ体力なさそうなんで、今年は無理かな。来年くらいになれば体もできてきて、行けると思うよ」

「うん。来年…がんばろうかな。(←乗せられましたね!)

去年、富士山に登った頃とか、その前は、登山なんて苦しい〜、そんなに楽しくはないって思ってたんだけどさ…
去年高尾山に登ったころから、なんか楽しいって思うようになったんだよね」

というのは、昨年秋に、高尾山ビアマウントに行くために従弟家族と登った時のことですね。
登山だけでなく、いろいろ食べたり遊んだりしたのもあり、楽しかったのでしょう。
漫画の「山登りはじめました」にも、登山に行って山小屋でおいしいものを食べたり、温泉入ったり…というのが紹介されているので、それもツボったのかも(笑)

体力もついたのか、登るスピードもだいぶ速くなったので、そんなに辛くもなくなってきたのでしょうね。
娘は今までわりと小食だったのですが、最近やたらとたくさん食べるんですよね!成長期ですかね。


そして、娘は春休みの高尾山登山の計画を始めました。
一緒に行くお友達はもう一人増えたようで、3人で行くらしいです。
「しおりを作る!」と言って、山登りに必要な持ち物を書き出していたので、私の「山登り道具リスト」を見せてあげたり…
高尾山で配っている登山マップをあげたりしました。

娘は、こういう「お出かけの計画」を作るのが好きなタイプでして。
「うわ〜、なんかこういうの、楽しい!」
って言いながら、しおりの下書きをしていました。
今日は、お友達が家に来て打ち合わせをするとか言ってましたねえ。



さて、その日の夜のことですが…

また、リビング隣の和室で寝ていた娘が、何やら寝言を言っています。

「ろくじゅうよん」

何が「64」?と思っていたらまた

「ろくじゅうよん」

と…、

寝言を言った娘のほうに行き、じーっと見ていたら、ぱっと目を覚ました娘が
「えっ!お母さん、何!?」
と言います。

「今、あんた”64”って寝言言ってたけど何?」

「え?あ?64?…ああ、学校のお楽しみ会で、下級生にスーパーボールすくいをやらせたんだけど…
一番たくさん取った子が、64個だったんですごいな〜って思ってて。それか。」

「なんだ、そんなことか(笑)」


その後ふたたび、寝入った娘…
今度は

「けんがみね」

と、言っています。

??聞き違い?と思ってまた耳をそばだてていると…
やっぱり、

「剣が峰」

と、言っています(笑)。

※剣が峰とは、富士山の頂上の中で、一番高い(3776m)場所のことです!


その時、どんな夢を見ていたのかはわかりませんでしたが…
「ヤマノススメ」で、お鉢巡りをして剣が峰に行く話があったので、そのせいかなと。


しかし、寝言で、「剣が峰」とは…

だいぶ、私の「富士山病」が伝染しているようですね〜。
それと、娘の登山熱もだいぶ、上がってるんじゃないでしょうか?(笑)



いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 10:04 | Comment(0) | 登山&トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

これがホントの、山「ガール」!?

最近、娘(小6)が山登りをしたがっています。

お正月に、私と主人と娘とで高尾山に登ってきましたが…
メタボな主人&娘と、高尾山にて「登山初め」!(前編)娘も主人もスキルアップしました!

今度は、春休みに友達と高尾山に行くと言い出しました。
娘は、子供だけで山に行くのは初めてですが、そのお友達は家族で富士山の頂上まで登ったことのある子だそうだし、高尾山はまあまあご近所なので…いいんじゃない?行ってくれば?と許可しました。

それを聞いた「高尾山大好き」な主人…
娘に、どこに行きたいのかなど聞いて、いろいろアドバイスをしていたのです。
IMG_5846_1.JPG
↑主人は、高尾山の地図やガイドブックをいくつか持っています。
もう少しで全登山ルート走破できるとか。

2年前は、近所の中学校に行く坂道を上っているだけでゼーゼー言って休んでいた主人ですが…
成長しましたねえ〜(笑)
メタボな主人と、ご近所トレッキング(前編)


娘が登山したがっているのは、漫画「山登りはじめました」の影響がかなり大きいのですが…
山登りはじめました2いくぞ!屋久島編 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
山登りはじめました2いくぞ!屋久島編 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

最近「ヤマノススメ」というアニメを主人が見ていたので、それも娘はけっこう熱心に見ていました。
ヤマノススメ 新特装版 [Blu-ray]
ヤマノススメ 新特装版 [Blu-ray]

「ヤマノススメ」は、高校生の内気なヒロイン「あおい」が、幼馴染に誘われて山に行くようになり、前向きに成長していく…という話なのですが…

「ヤマノススメ」は絵はきれいでかわいいし(娘が好きそう)、登っている山の景色などは実際の風景から持ってきているようで、かなり細かいのですが、登山の知識については突っ込みどころ満載のアニメです。
原作漫画のほうはどう描かれているのかわかりませんが、アニメのほうの話はちょっとねえ〜。
「山登りはじめました」のほうが、知識的に役立つと思われます。

「山に行きたい」って気持ちにはなるかもしれませんが、登山に必要な知識はこのアニメにはあんまり入ってないですね〜
初心者がこれを鵜呑みしてふらっと登山に行ったら、けっこう痛い目に遭うのでは(*_*)

いろんなところが足りないのですが、特に気になったのは…
どんな山もたいがい天気が良く、人気の山でも人が少なく、超すいていることです。
作画の都合上なんですか?(笑)

でも、山って天気が変わりやすいものですし…雨対策をきちんとしていないと、標高の高い山は夏でも低体温症になったりするので、きちんと対策していかねばならないのですが…
このアニメ、そういう「山登りのリスクや対策」について、ほとんどフォローされていないんですよね。

富士山で、あおいと先輩が、一番登山者の多い吉田ルートの山小屋に泊まった時に、他のお客さんがほぼいなかったり!
(ここは太子館という、人が多すぎて私が酸欠になった山小屋ですよ!)

「そんなわけないデショ!」

と、テレビに向かって突っ込みまくってしまいました。
富士山は混んでいるというだけで、大変なことがいろいろあるのに…、

さらに、高山病予防のためには「ゆっくり登る」のが鉄則なんですが…
そもそも、高山病について、先輩がみんなに説明したのが五合目に来てからで…(←遅いよ!)
「みんなも無理は禁物よ!」
とか言っているわりには、結局かなりハイペースで登っているし(*_*)

あおいは、七合目あたりからすでに高山病の兆候が出てるのに、仲間は気づかずそのままハイペースで登り続け…
八合目手前で
「頭が痛い…なんかものすごいしんどい…」
とへたってきたあおいに、山経験豊富らしい先輩(高校2年)がやっと!
「高山病みたいね」
と…、

そのちょっと前から、どう見ても高山病だっつーの。
先輩、気づいてペースを落としてあげなさいよっ!!(*_*)
あおいは、最初は体力がないって設定なのに…、トレッキングポールは持ってないし(先輩は持ってる!ずるい!)、仲間が早いからつられてハイペースで登ってるし、呼吸もずっと浅くしてるし〜(呼吸を深くすると高山病予防になるというのは、このかなり後で説明してます!)

話の進行上、ヒロインを高山病にする必要はあったのでしょうが、きちんと対策していったって高山病になる人はかなり多いんですから〜。
行程やルートを把握しているのも先輩だけみたいなのに、あおい以外の二人だけで頂上に行かせるとか…、なんでこんな無計画で登る話なんですかね?
富士山だけじゃなく、どの山も、登る直前とかいざ困った段になって説明していることが多すぎです。

いやほんと山って、人が多いところだって、ちょっと油断すると死にますからね〜?
死なないまでも、遭難したり具合が悪くなったりすれば、人様に迷惑をかける可能性がけっこう高いのですよ。

高尾山くらいなら、お気軽に行ってもなんとかなりますけど…
それ以上のレベルの山の場合は、スケジュール、装備、山の常識などなど、ある程度学んでから行ったほうが絶対にいいです。無計画で行っても、大きい問題は起きない場合のほうが多いですが、何かあった場合のリスクは高いのです。
いくら「アニメだから」といっても…登山がメインテーマの話なんだから、そのあたりはきちんと描いてほしいですねえ。


まあ、それはさておき…。
そうか〜、娘も登山好きになってきたんだねえ…と考えていて

「あっ、これこそがホントの山ガールでは!!」

と、思いました(笑)

世間の「山ガール」のイメージは、20代の女子くらいかと思うんですが…
(「ランドネ」に出ているような感じですね!)
ランドネ 2018年2月号 No.96[雑誌]
ランドネ 2018年2月号 No.96[雑誌]

20代で「ガール」っていうのは、最初に聞いた時は
「本来の英語の意味から言ったらどうなのよ?」
と、思っていましたが…
(いまや「ガール」も「女子」も、かなり年寄りまで対象にして使うようになりましたけどねえ〜)

その点では、うちの娘は正真正銘の「ガール」ですね!(笑)


昨年の夏、富士山から帰ってきた後は(高山病で辛かったので)
「二度と富士山には登らない!」
と言っていた娘ですが、そのうちまた登りそうな気がしますよ〜(笑)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 17:51 | Comment(4) | 登山&トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

母だけの稽古日誌(30)胴と小手の打ち方…稽古で教わったこと

先日の水曜日の稽古は…また、子供が一人しかいませんでした。
今一番出席しているふたりは小6なので、中学生になったら今ほど来れなさそう…。
4月からは水曜日に来る子はほぼいなくなるのでは…、

なんでこんなに減っちゃったんですかねえ〜。
少子化が一番の原因ではあるのでしょうが…


まあ、それはさておき。
その日の、大人の自由稽古の時間のことです。

最初、「壮年剣士」SG先生にお相手していただいたのですが…
「何かやりたいことはありますか?」
と聞かれたので、先日から気になっていたことを質問してみました。

「地稽古だと、攻めているつもりでも相手が手元を上げてくれなくて胴が打てないのですが、どうやれば手元を上げてくれるのでしょうか?」

私の胴打ちの話はこちら→母だけの剣道日誌(28)胴打ちの話&自分の稽古動画を撮ってみました!

ああ、それはいい質問ですね。
これは、私のやり方なんですが…

まず、何度か「小手面」とか「払い面」とかを打つんですよ。
で、相手に「この人は、なんかやった後に、面を打ってくるんだな!」というイメージを持たせるんです。
そして、その後に「小手」とか「払い」をやると、相手は「あっ、面を打ってくる」と思って手元を上げるので、そうしたら胴を打てばいいんです」

「ははあ、なるほど…」

「やっぱり、試合や地稽古はかけ引きが重要なんですよ。お互い、心理戦ですからね。
じゃあ、それを練習してみますか」

というわけで、言われた通りに面を何度か打ってから胴を打つ練習をしてみました。
SG先生はそのつもりで手元を上げてくださったので、まあ、打つことはできたのですが…

”胴を打つ”という動作そのものは、まあできていて…相手がいいタイミングで手元をちょっと上げてくれさえすれば、まあまあ「胴の位置」にヒットさせることはできるのですよね。
でも
「ある技を出すと思わせて相手を動かす」
なんて、今はそんなこと、全然できてないんですが(-_-)
私に実際にできるのかな〜?

また、地稽古の時に試してみることにします〜。



この後、空いている方がいなくてしばらく待っていたら…他の人との稽古を終えたSZ先生が
「さあ、はなずきんさん、やりましょうか」
と、声をかけてくれました。
(そういえば、SZ先生はいつもこういう声のかけ方をしますね!)

最初は普通に地稽古をしていたのですが、私が打った小手が当たった位置が微妙にずれていたので…
そこから、小手の打ち方についてのレクチャーになりました。

私、小手を打つと、よく鍔元に当たってしまうのです。
狙う位置が悪いのかな〜?と思っていたのですが…

SZ先生の指摘によると、私は
「小手を下から打つ時、剣先を回してしまっている」
「上から打つ時は、右手で竹刀を引き付けているので、手元が上がってしまっている」

のだそうです。

「下から打つ時は、剣先を回している軌道が大きいので、打ち遅れてしまうし、小手に当たるときに内側に向かって打つ感じになってしまうので、鍔元に当たるんですよ

「ああ、それで私の小手はいつも鍔元に当たっちゃうんですね!
なんでだろうってずっと不思議だったのですが…」

「剣先をくるっと回しちゃダメなんです。
そもそも、一足一刀の表の位置に竹刀を持ってきてから小手を打つと、相手の竹刀をまたがなければ小手が打てないので打ち遅れちゃうんですよ。
だから、最初から剣先を下げて一足一刀の間合いに入るんです

つまり、いわゆる一足一刀の状態である、”お互いの竹刀の中結あたりが接触する”という状態には、最初からしないってことですね。
こちらの剣先が、相手の竹刀の中結の下あたりに来るようにして間合いに入るイメージだそうで。

「そして、そこから竹刀を回したり引き付けたりせずに、”前に”竹刀を出して、手首のスナップを利かせて打つだけです。
小手を”打とう”と思うと、勢いをつけようと竹刀を振り上げたりしてしまうんですが…
”打つ”というよりは、相手の小手の筒の部分を”とらえる”というイメージでやるといいですよ。

あと、打つ時に頭を下げず、視線は前を見たままで。
(※前にも書きましたが、私は小手や面を打つ時に視線を下げてしまう癖があるようで、矯正中です〜)
そして腕だけを出すのではなく、体ごと前に出すようにするんです。」

言われた通りに何度かやってみましたが、今までの癖がついてしまっていて、つい剣先を回してしまいます((+_+))
繰り返しやっていたら、やっと「それらしく」打てたのが何回かありましたが…。


最近、小手を打つタイミングは良くなった、といろんな方から言ってもらえていたのですが、
そのわりには鍔元に当たることが多く、「いい当たり」になかなかならないな〜、なんでだろうと悩んでいたのです。

そうかあ、竹刀を回しちゃうのが(主な)原因だったのですね…、
これから気を付けて稽古します〜!


ここで時間になってしまったので、上から小手を打つ時に気を付けることを聞き損ねてしまったのですが…
次回の稽古の時に聞いてみよう〜。


SZ先生は(私相手だけに限ったことではないのですが)、いつも
「その人が今直すべき場所」
を、的確に言い当てて、しかもそれを直す方法を、その人のレベルに応じてわかりやすく教えてくれるのです。
相手が幼児でも、小中学生でも、私みたいな身体能力の低いオバサンでも、五〜六段くらいの熟練の方にでも、それができるんですから…

その「教える才能」が、本当に凄い、と常々感じています。
私が今まで剣道を教わった先生の中で、一番教えるのが上手い方なのではないでしょうか。


本当は、毎回個人レッスンしてもらいたいくらいなのですが、SZ先生は人気があるので、SZ先生と稽古したくて来た、出稽古の方にお譲り(!?)しないと悪いかな〜と思い、いつもそれが終わるまで我慢しています(笑)。
私はほぼ毎週SZ先生が教える稽古に出ているので、なんだかんだで教わる機会は多いですからね〜。

でも、やっぱり個人レッスンは本当に役立つので、教えてもらえる時は楽しくてしょうがありません!
人数が少ない時は当たる確率も高いので「ラッキー!」って思ってたりします(笑)。


私が最初に剣道を教わった警察の先生は、わからないことを質問すると
「質問ばかりしてないで、人のを見て盗みなさい」
と言って、ほとんど教えてくれなかったんですが…、

いやいや、そんなことができるのはある程度の知識や能力がある人ですって!((+_+))
自分の何がダメかなんて、初心者にはわからないですよねえ。

そもそも、横並びで稽古していたので、稽古中は他人を見ることがほぼできなかったんですが〜
しかも周りは小中学生しかいなかったし!

私はあのまま、あの先生だけに教わっていたら、今のようにはなれてなかっただろうなあと思います。
今でも上手いわけじゃないですが…、最初のころに比べたらだいぶマシになっているかと。
それはやっぱり、きちんと説明をして下さる先生に教わるようになったからでしょう。


剣道を始めたばかりの頃は、私が三段を受けられるようになる…なんて、思ってもみませんでした。
人よりだいぶ上達が遅い私が、なんとかここまで続けて来られたのは、SZ先生をはじめ、根気よく丁寧に教えてくださる先生がいらっしゃったからです。
だから、私は稽古をするのが、本当に楽しいのです!


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 11:41 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする