2021年12月30日

母だけの剣道日誌(202)今年ももう、終わりですね〜

またまた、ご無沙汰しておりました〜

仕事していると本当、忙しいですね。
それに加えて最近、多肉植物にはまっていまして…
あまり時間もないのに、空いた時間は多肉にとられています(笑)


さて、私自身の剣道のほうは、あまり進歩がないのでさておき…、(笑)
子供たちの話です。


しばらくコロナと小学校の行事の関係で、小学校の体育館が使えていなくて子供の稽古ができていなかったのですが、小学校に戻った1か月半ほど前から、小学生の子供たちに防具を付けさせるようになりました。
今年入った3年のRMくん、保育園のころからいる2年のHKくん、KHちゃんの3人です。

前は、子供は基本的に全員一緒で教えることが多かったのですが、さすがに防具をつけた子たちと、未就学組は一緒に教えられないので分けることに。
先生は特に分担を分けていたわけではないのですが、なんとなく流れで、私が防具組を見ることが多くなりました。


うちの次男や娘もそうでしたが、今の子はまず、「蝶結び」ができない!のですよね。
稽古時間もあまりないので、蝶結びは基本的に家で練習してきてくれるように、保護者にお願いしてありますが…
最近やっと、かろうじて前のほうでは結べるようになってきた感じです。

でも、縦結びになることが多いです(^^; できるだけ教えなおしてはいるのですが、今の小学生のお母さんたちは若いので、私たちの年代ほど紐を結んでいないのでは?という気もしてます…


防具付けは、私たちが手伝いながらも、なんとか自分でやらせてはいるのですが…
蝶結びもまだ中途半端な感じで、普通に防具をつけるのはまだちょっと無理なので、
「胴の後ろの紐は、最初に結んでからかぶる」
「胴の前の紐は、前で蝶結びしてかぶる」

方式にしています。

私はこの方法を知らなかったのですが、SZ先生が教えてくれました。
面手ぬぐいも、子供は「帽子」にしてかぶることはおぼろげに覚えていましたが、どうやって折るのかは忘れていて、これもSZ先生に教えてもらいました。

そして、面紐を結ぶのは、3人ともまだ全然できていません…。
自分の見えていないところの紐をどうにかする、というのがまだ感覚的にわからないようです。今度、鏡の前でやらせてみようかな。

3人が一斉に防具付けをしていると、あっちもこっちもできてなくて(笑)
私一人しか見ていない時とか、全然手が足りてません…、


でも、防具を付けるようになってから、小学生は活気が出てきました。
特に未就学のころからやっている二人は、相当長い間、基本だけやってきたわけで、やっと前に進めた気持ちなのでしょうか。

しばらく「反抗期」だったKHちゃんは、実は、防具を付け始めの頃もまだ、反抗期が続いていました。
まだ蝶結びもほとんどできてない頃でしたが、私が教えているときに、何をやらせようとしても「できない!」「できない!」と連発するので、私がちょっと怒ったのです。

私はKHちゃんには(というかほかの子供にも)今まであまり、本気で怒ったことはありませんでした。やりたくないとか疲れたとか、多少のワガママを言っていても、子供だからと流すことが多かったのですが…
さすがに防具を付ける段階になってこれでは、何も先に進まないと思ったのです。

「今、できないのは当たり前だよ。まだ、やり始めなんだから。でも、練習すれば絶対できるようになるよ。
今はできなくてもいい、でも、覚えようよ。
覚える気がないなら、教える意味がないよね。
そんなにできないできないばっかり言うのなら、もう先生は教えませんよ。」

いつもあまり厳しいことを言わない私が少し怒ったので、KHちゃんはちょっとびっくりしたようでした。
ちょっぴり、泣いていたかもしれません…。


でも、そのあとの稽古から、KHちゃんは「できない」をあまり言わないようになりました。
保護者のみなさんにも「防具をつける時間がなくなってしまうので、できるだけ早く来させてください」と言ったこともあり、最近わりと遅れ気味だったHKちゃんは早く来ることも多くなったのです。
そして「一番に来ると気持ちいいね!」と言っていて…
よかったなあ、と思いました。


最近は、IZさんが仕事の関係で水曜日休みのことも多くて、私が主導をとって教えることも増えてきました。
さすがに全部をひとりではまだ難しいので、SZ先生にちょこちょこフォローしてもらってはいますが。

「指導補助」と、「自分が教える」のでは、やっぱり違いますよね…
正直、まだ自信はないのだけれど、それでも「先生らしく」見えるよう、できるだけ自信を持っているように見えるようにしています(笑)
教えるほうが自信なさげだと、生徒のほうが不安になりますもんね。


今年は、先生としては…、まあ、少しはスキルが上がったかなと思います。
今までがほとんど「ゼロ」だったので、そんなに上がったわけじゃないですけど(笑)

でも、防具を付けて、新しいことを楽し気にやっている小学生を見ていると、もっと上達させてあげたいなと思います。
稽古もだんだん厳しくなっていくだろうし、大変なことも増えるだろうけれど、めげずにがんばってほしいな。


あっ、そうそう、子供稽古を再開した頃に新しい小学1年の男の子と、そのお父さん(初心者)が入会しました!
ひさしぶりの初心者保護者で、大人のほうにも新しい風が吹きそうです。
親子ともなかなか筋のいい感じで…お父さんは山登り&トレイルランが好き、珈琲も好きだそうで、いろいろ話が合って楽しいです。


こちらのブログはほぼ放置の一年でしたが…、多肉のほうはめっちゃ愛があって、グリーンスナップというアプリで「はなずきん」の名前で投稿しています。興味のある方はぜひご覧くださいませ〜。
Webでも見えます→GreenSnap はなずきん
タグ検索の場合は「赤屋根の家寄せ植え」で検索してみてください。


最後に、今日の一枚…いや二枚です。

私が作成した、多肉ジオラマのお気に入りの作品ふたつ。
自画自賛ですみませんが、毎日眺めては身もだえるくらい可愛いと思っています(笑)
普通のジオラマと違い、植物が成長するところがいいですよね。

IMG_1931_1.JPG
うさぎやきのこは買ったものですが、家は自分で作りました!

IMG_1965_2.JPG
こっちは、次男が多肉を見て「メキシコの家のある風景に置きたい」と言ったので、そういうイメージで作ったものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


posted by はなずきん at 11:51 | Comment(2) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月07日

母だけの剣道日誌(201)ご無沙汰しすぎたでしょうか…

血糖値の話が途中でしたが、続きを書く気力がないので、途中放置させていただきます(笑)
ざっとだけ説明すると、血糖値を常時測定する「フリースタイルリブレ」は結局、3個くらい装着しまして…。(1個につき2週間)
どういう時に血糖値が上がるのか、どういう時ならあまり上がらないのか、がだいたい把握できたので、今はそれを意識しつつ食事をとるようにしています。来年の健康診断ではどうなりますかね〜。


さて。剣道の話、だいぶ間が空いてしまいました。
3月に書いたのが最後ですから、半年も放置していたのですね…。
その間にも、コロナがらみで稽古ができたりできなかったり…いろいろありましたが。

私は、仕事が忙しかったせいもありますが…、
私自身の剣道の上達が遅々としているので、なんだかブログを書く気になれなかった…んですよね。今、私が剣道に対して情熱を持っているか、というと…、なんか、微妙な感じです(笑)


ではなんで今、ブログを突然書き始めたのか…というと、子供たちにそろそろ、防具付けの指導をしなければならなくなりまして。それで、自分や、自分の子供の時はどうだったっけな?と思って、ひさしぶりに警察時代のブログを読み返したのですよ。そしたらなんか私、めっちゃ楽しそうにやってたんだなあ、と思いまして…。

この頃は、自分が上達するのかしないのかもわからなかったわけで…続けられるかどうかも、わかりませんでしたが。
剣道が本当に大好きだった私が、自分の上手くならなさに絶望して、2年前にやめようと思い、そしてまた情熱を取り戻して…、だけど、三段審査が終わってから、少し燃え尽きたような感じになってしまいまして。
今も剣道を続けることはできているけれど、いまだ越えられない壁に歯がゆさを感じている状態なのです。

三段に合格してから、まったく上達していないわけではないのでしょうが、目に見えて何かができるようになったわけでもありません。いまだに「一本」が取れるようにはなっていないような気がします。

コロナのおかげで稽古できている回数も多くはないし、まして、個人的にやりたい稽古ができる時間が今はほぼないのです。その状況が、私の情熱を失わせているわけですが(^^;
そんな状態で、剣道のブログを書く気になれなかったのです。


でも、昔のブログを読み返してみて、私が剣道を好きなこと自体は、今でもやっぱり変わらないのだな…とも思ったのです。

今は、以前みたいに、稽古に行くのが楽しみで仕方ない、というわけではありません。でも、稽古はしたいと思っています。いつか「壁」を超えたいと思いながら。
そして、子供たちに剣道を教えることは、続けていきたい。自分の稽古の時間が減ってしまうところが痛し痒しなのですが、それでも、先生を続けることは、私に何かをもたらしてくれる気がするので。


ブログをお休みしている間も、子供に剣道を教える「先生」のほうは…それなりに経験を重ねてはいました。
とはいっても、子供たちの稽古は大人以上に休みが多かったですし(小学校が使えない間は、子供の稽古ができませんでした)
その間に、メンバーが増えたり減ったり、いろいろありました。


だいぶ「ぐずり」がひどかった2年のYTくんは、小学校のほうでもクラスになじめていなかったらしいです。剣道のほうも、他のメンバーとの差にひけめを感じていたようで、結局、休会することになりました。

2年の女の子、HKちゃんの妹で年長さんのKHちゃんが今年度から入会しました。でもまだまだ幼くて、ちょくちょく稽古から抜けていたりします。
そしてお姉ちゃんのHKちゃんのほうは最近ちょっと、反抗ぎみで…何を言っても「やだ!」「できない!」と言います。やりたくないと言いつつやったりするところが、扱いがめんどくさいです(笑)

そして今年の4月から、3年生の男の子、RM君が入りました。
RM君はけっこうやる気もあるし、真面目で、飲みこみも悪くありません。あっという間に2年生の子たちのレベルに追いついてきました。

一番古株の2年のHKくんは、RM君の真面目さに引っ張られているのか、前よりはだいぶ落ち着きは出てきました。

そしてあともう一人、年中さんの男の子、IOくんも入会しました。IOくんは年中さんのわりには大人びて?いて、年長さんのKHちゃんより聞きわけはいいかもしれません(笑)


つまり今、在籍しているのは、小学3年1人、小学2年2人、未就学児2人、計5人になります。
一時期に比べればだいぶ子供が増えたのはいいのですが…(鬼滅効果だと思います!)

今までは、なんだかんだでIZさんかSZ先生のどちらかがいたので、ほぼ「補助」という形で入っていた私ですが、今後は私がメインで教える機会が増えそうなのです。となると全然、今までとは肩にかかってくるものが違います…。
子供たちは言うことを素直に聞いてくれる時ばかりではありませんし、私はまだ全然「教え方」の技術が足りていない気がします(^^;

今後どのようにしていったらいいのか、昨日の夜の稽古の後にちょっとだけ先生方で話したのですが…。
小学生にはそろそろ、防具をつけさせたい。しかし、未就学児にはまだそれは無理なので、グループを二手に分けざるを得ません。ですので、先生が二人はいないと対応できそうにありません。
時間がなかったこともあり、まだ具体的にどうするかの結論は出せませんでしたが、IZさんは今年中に小学生に防具をつけさせたい、と言っていました。となると、稽古の方向性も今までとは変えていかなければなりません。


正直、私はまだ全然教える自信がないんですよね…。
IZさんは「私も、自分が教わった時のことを思い出して、子供たちにわかりやすく教えるようにしてきただけですから」と言っていましたが…、大人に教えるのと、子供に教えるのは全然違いますしね…
それに、IZさんは子供を教えるのがけっこう上手なほうなんじゃないかと思うのですよ。厳しくするところ、引っ張るところ、優しくするところ、その手綱が本当、上手いのですよね。
私は、子供がぐずぐず言ってる時に、どうやって気持ちを引っ張り上げてやらせるのか…そのあたりの加減がまだよくわからないんですよね。

警察の時のブログを読んだら、防具をつけさせる最初の段階で、蝶結びをさせるだけで一回の稽古が終わってしまった、とか書いてあって…、(^^; 蝶結びを教えるのも、なかなか大変だったことを思い出しました…。

防具の着け方は、低学年の子供には相当難しいですし、着けられたとしても「重い」し、打たれれば「痛い」。この段階で剣道に対してめげてしまう子は、それなりにいるのですよね。


いろいろと、不安も心配もありますが…でも、私がやるしかないわけで。
子供たちを教えながら、私も成長していくしかないのかな…と、思っています。


あっ、ひとつだけ、ブログを休んでいる間に「自分が成長した」と思えることがありました!
「すぶりこ」を使った素振りを家で続けていたら、竹刀を振るのがとっても楽になりました。
以前、私は身長があるから39の竹刀にしてみようかな?と思って使ってみたら、重くて上手く振れなかったので、ずっとあきらめていたのですが…今は、39でも軽々と振れるようになりました。なんなら男子用竹刀でも軽いと感じるくらいです。

【10月10日24時間限定★全品P5倍】剣道 素振り 「すぶりこ」 武道園 - 剣道・空手・柔道・薙刀専門武道園
【10月10日24時間限定★全品P5倍】剣道 素振り 「すぶりこ」 武道園 - 剣道・空手・柔道・薙刀専門武道園

この「すぶりこ」、何がいいかって…素振り用の専用の重い竹刀とか木刀と違って、自分の使っている竹刀を重くできるところがいいのです。握り方も変わらないし、重い分、手の内の締めを意識せざるを得ません。「背中を使って振る」ということも、いやでも意識せざるを得ません。おかげで、私の弱点だった「背筋の弱さ」を、少し克服できた感じがします!
これが剣道のパフォーマンス改善に結び付けばいいのですけど(^^;


さて、なんだか、だらだらと今の状況を書き綴っただけのブログですが…
剣道界からフェイドアウトしたわけではないことを、とりあえずお伝えしたく。

次にブログを書く気になるのがいつなのかよくわかりませんが(笑)
先生としてのチャレンジは、当面の間頑張らねばならなそうです!


最後に、本日の一枚です。
私は7月に、富士山の一合目(馬返し)から五合目まで登山してきました。その時に宿泊したホテルから撮った写真です。少し雲が多かったですが、それもまた良しです。
IMG_0797_1.JPG

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


posted by はなずきん at 21:45 | Comment(2) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

健康診断で血糖値が高かった私が、はじめたのは…(その2)血糖値の測定器を買ってみた

健康診断で血糖値が高かった私が、はじめたのは…(その1)食生活習慣の変化が原因… より、続いています。

私は、血糖値を測定する機械について調べてみました。
血糖値を測定するためには、一般的には皮膚に針を刺して血液を出し(針を刺すための専用の「穿刺器具」があります)、それを試験紙にしみ込ませて、測定器(機械)で測ります。
ですので、測定器本体と、針と、試験紙が必要になりますが、針と試験紙は使い捨てなので消耗品です。

私が購入したのは、測定器本体と穿刺器具、10回分の針と試験紙が無料で、送料(850円)のみで購入できるものでした。
ACON血糖値測定器 初回購入キャンペーン

他にも、Amazonや楽天などでも同様の機械はたくさん扱っています。ランニングコストを考えると他にも安いものはあるかもしれませんが、私はとりあえずお試しで使ってみたかったのでこれにしました。
この商品はアメリカから発送されるので、注文してから届くまで1週間弱かかりました。


さて、届いてから、実際に測ってみましたよ…
試験紙が10枚しか入っていないので、使い方をよく読んでからやってみたのですが、それでも最初の2本は失敗してしまいました(^^;

試験紙を測定機に差すと、自動的に測定モードになります。そこで、穿刺器具を使って指先に針をさして血を出し、試験紙にしみ込ませるのですが…
一回目は、試験紙の血をつける場所を間違っていたという…
試験紙の側面からしみ込ませなければならなかったのですが、上からやってしまいました。図もあったのですが、説明が英語なので、イマイチ理解していませんでした。

そして、二回目は…、私の血が出る量が少なすぎて、うまく試験紙にしみ込みませんでした。私はあんまり血行が良くないので、手を温めてからやらないといけなかったようです。今は慣れてきたので、適切な血の量が出るまで絞ってやっているので、大丈夫ですが。

針を刺すなんて、痛くないの?と思われるでしょうが…裁縫の針を刺すよりは、痛くないです(笑)
刺す針は細いものなので、傷もすぐふさがります。私は一日数回測定する程度なので、ほとんど気にならないレベルですね。


どういう食事が血糖値を上げないか、というのは、測定器が届くまでの間にある程度調べていて、そういう食生活をするようになっていたので…実際に測定しても、ほとんどは正常値の範囲内に収まっていました。
ただ、あえてスイーツを食べた時は、けっこう上がっていました(笑)

この血糖値測定器、思ったよりは簡単に測れるな、と思いましたが…
問題は、試験紙と針のランニングコストがそれなりにかかります。10回なんてすぐ使ってしまったので、追加の試験紙と針を購入しました。
100回分で、4500円でした。それに、測りたいと思うたびにいちいち針を刺すのは、面倒といえば面倒ではあります。

この機械を使っての測定で、だいたいの傾向はわかりましたが…私は、もっと細かく血糖値の変化が見たいと思いました。
食後どのくらいの時間で上がるのか、下がるのか…何を食べると上がるのか、何ならあまり上がらないのか。


実は、血を出して測定する測定器を買う時に調べている時に、ちょっと違うタイプの測定器があることを知りました。肌にセンサーを刺しっぱなしで、常時血糖値が測定できるというものです。(※正確には、血そのもので測る血糖値ではなく、”間質液血糖値”を測っているものです。詳しい説明は次回に…)
センサーは一回装着したら14日間使えるもので、お値段はAmazonで7370円。

フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre
フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre

え、高いじゃない…って思う方もいるかもしれませんが、私は
「2週間、常時血糖値が測定できてこの値段なら、安いのでは」
と思いました。

ちなみに、上記で紹介した「センサー」だけでは使用できません。
この数値を読み取る「リーダー」という機械(Amazon価格7480円)が必要なのですが、手持ちのスマホに専用のアプリを入れればリーダーとして使うことができるので、私はリーダーは購入しませんでした。
(リーダーとスマホでは、多少、測定値に差が出るようですが…)

病院で同じことを測定してもらうためには、もっと診療費がかかりそうな気がします(推測ですが)。
糖尿病患者の方には病院でこれが処方されることもあるようですが、私は糖尿病ではないと思われるので、保険も適用されないでしょうしね。

まだちょっと基準値をはみ出た程度の私であれば
「どういう時に自分の血糖値が上がるか」
という傾向をつかんで、それで生活を改善すればいいわけですから…

そんなに何回も購入する必要はないのではないかと思いました。


そもそも私は、もとからわりと食事に気を遣っているほうなので…、どういうものに糖質が含まれているのか、とかは、よく知っています。夜に糖質を取ると太る、というのは、経験的にわかっていましたから、夕食ではご飯やパンなどの糖質はほとんど取らないようにしています。
もちろん、スイーツも「あまりよくないのはわかってはいた」んですが…、好きだから、他を節制して、食べていたんです(笑)

しかし、先日までの「毎日スイーツ」な食生活が、マズイのは確かなので…ちょっと食生活の傾向を変える必要はあるでしょう。できるだけストレスなく健康的な食事にするためには…もう少し細かいデータが欲しい。


私は以前から、自分の血糖値がどのような時に上がるか…ということには興味がありました。血糖値の急激な上昇が太ることにつながる、というのは知っていましたから。
でも、以前は病院に行かなければ測れなかったものが…今は、個人で制約なく購入できるとあれば、これは、買ってみるしかない!と思いましたね。


と、いうわけで…私は「フリースタイルリブレ」を、購入してみたのでした。

(まだ、続きます!)


最後に、本日の一枚です。

2021/2/1 16:36 大原富士宮ビガークラブより。かなりでっかい「笠」を背負った富士山…壮観ですね!
IMG_0156.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 00:22 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

健康診断で血糖値が高かった私が、はじめたのは…(その1)食生活習慣の変化が原因…

おひさしぶりです〜!
剣道のほうも、子供の新入会員が増えたりして…書きたいことがあるのですが、とりあえず今回はこの話題です。

私は昨年7月末から、カフェのフロアスタッフの仕事を始めました。
基本的には週3日、一日1万歩以上歩くハードワークなうえに、お昼に働いているので昼食が取れません。終わった時にはもう夕方なので、おやつを軽く食べて夕飯…という感じの生活になっていました。

私はもともと、スイーツが大好きなのですが、食べると太るので、働き始める前はそんなにガッツリ食べてはいませんでした。
でも、働くようになってからは…労働後のスイーツがめっちゃ美味しいし、コロナ太りも更年期太りもばっちり解消しまして、足も締まりましたし。そして、スイーツを食べても太らないので…安心して、毎日のように食べてたんですよね…。

そしてさらに、今までも「飲むと太るから」という理由で、お酒はたま〜にしか飲んでいなかったのですが…やっぱり日中汗をしっかりかいて労働すると、飲みたくなるじゃないですか!
というわけで、夜にお風呂のあとのビール(いや、発泡酒ですが)…っていうのも、習慣化していたのです。


そんなわけで、働き始めてから、今までとだいぶ食習慣が変わったので…
もしかしたら肝臓の数値に影響が出たりとか、するかな?とか、ほんのり心配ではあったのですよね。

2年ほど前に、私は妙にアルコールに弱くなってた時があったのですが、その時はなぜか脂肪肝気味になっていて、肝臓の数値が悪化してた時期だったのです。その時の原因は、どうも睡眠不足だったようで…それを解消したら、元に戻ったのですが。
ほんのり、フォアグラになっている私。


さて、そんな状態で先月に受けた、健康診断の結果ですが…
心配していた肝臓の数値を含めてほぼ、問題がなかったものの…
ひとつだけ基準値をはみ出てる数値があったのですね…。

それは「HbA1c」という、血糖値のここ最近の平均値を表わす数値だったのです。
5.5%以下が標準なのですが、私は5.6%だったのです。


IMG_E0363_1.JPG

ご覧の通り、血糖値以外の数値はいたって健康でございます(^^; 今までの健康診断でもほぼ、問題はなく…
HbA1cは、昨年は5.3%、一昨年は5.2%と、まあ「標準値内ではちょっと高いほうだけど大丈夫」な範囲だったのです。

ちなみに、「空腹時血糖」という、ご飯を抜いた状態で測る血糖値は95と、やや高いものの正常範囲内でした。

HbA1cはちょびっと基準値を出ていただけ、とはいえ…、
私の「毎日スイーツ摂取」状態が、この結果に結びついたのはほぼ、間違いないでしょう(^^;
このままでは「糖尿病予備軍」になることは、見えています…。



メディカルノート「糖尿病」より引用

糖尿病とは、血糖値(血液中に含まれるブドウ糖)が慢性的に高くなる病気のことです。

私たちは食事をすると血糖値が上がります。そして、血糖値の上昇が感知されると膵臓から“インスリン”と呼ばれるホルモンが分泌され、肝臓や筋肉ではブドウ糖を“グリコーゲン”と呼ばれるエネルギー源に換え、脂肪組織では“脂肪”として、蓄える仕組みが作動します。この仕組みが備わっているため、私たちの血糖値は飲食しても一定に保たれているのです。

一方、糖尿病ではインスリンの分泌量が減少したり、インスリンのはたらきが弱くなったりするため、血糖値が高い状態が続くようになります。この状態が長期間に及ぶと全身の血管に障害が起こるようになり、重症化すると失明・腎不全・足の切断などQOL(生活の質)を大きく低減させるような合併症や心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こすことがあります。日本では1,000万人ほどが糖尿病に罹患していると推定されており、注意すべき病気のひとつです。


糖尿病になりやすいかどうかは、遺伝的な要素が強いと言いますが…私の母も兄も、糖尿病なのです。
そして私は以前にもやはり、スイーツを食べまくっていた時期に血糖値が悪化してたことがあり…遺伝的にも血糖値が上がりやすい体質なのかもしれません。(日本人は欧米人に比べて、そういう体質の人が多いらしいです…)

そして、血糖値の上がり方についてですが…
普通の健康な人は、食べてから1〜2時間で徐々に上がり、また時間とともに下がっていくのですが、人によっては「血糖値スパイク」というのを起こしていることもあるそうなのです。

血糖値スパイクとは、食べた直後に急激に血糖値が上がり、そのあとはまた正常範囲内に戻るというものです。しかし、たとえ一時的にでも血糖値が急上昇していると、血管を傷つけて動脈硬化などを引き起こす原因になるそうです。
健康診断の血液検査だと、空腹時の数値しか測らないので、この「血糖値スパイク」を発見することができません。
が、もしかしたら私は、この血糖値スパイクを起こしている可能性もあるのでは…、とも思いました。


しかし私は、これだけ日常的に動いているのですから、スイーツを控えて、健康的な食事を採るようにすれば、空腹時血糖の高さはわりと簡単に解消できると思われました。
でも、私は太っているわけではありませんし…やみくもにスイーツを控えると、それはそれでストレスがたまりそうな気がします。
どういう状態で血糖値が上がるか、というのは、一般的な理論はあるものの、体質や生活習慣によってだいぶ違うようでもあります。

何が血糖値を上げるのか、自分でちゃんと理解できていれば…
効率的に「血糖値ダイエット(?)※」ができるのではないかと思いました。
※血糖値をコントロールして痩せる、という意味ではなく、血糖値自体を下げる、という意味で勝手にそう言ってます(笑)


ちょっと調べてみたら、自分で血糖値を測定できる機械が、とても安価に入手できることがわかりまして…(消耗品である試験紙はそれなりのお値段がするのですが)私はそれをさっそく、購入してみたのです!

(続きます!)

最後に、本日の一枚です。

3/10 18:16 河口湖母の白滝カメラ より。
ほんのり夕焼けが、パステル画のように美しいですね!
IMG_0154.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 14:55 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

カフェの仕事を始めて、8か月。

ひさしぶりに仕事の話を書きます。
だいぶ途中が飛んでいるので、話がつながってないかもしれませんが(笑)

私が就職したのは24年ぶり、カフェのフロアスタッフなんてほぼ初めての仕事。
(20代の頃、個人の喫茶店で1か月くらい、リゾートバイトしたことありましたが…)

仕事を始めてしばらくは、慣れないことばかりで右往左往…って感じでしたが。さすがに8か月続けたら、だいぶフロア仕事はこなせるようになってきました。


平日と土日では、フロアの仕事の分担が変わってきます。
平日のほうがお客さんは少ないですから、フロアスタッフの数も少ないわけで、ひとりでやるべき仕事の守備範囲は増えます。
土日はお客さんが多いので、一人当たりの仕事の守備範囲は少なくなりますが、仕事量そのものは多いです。

私は最初のうちは平日中心で入っていたので、たまに土曜日に入ると、あまりの忙しさにゼイゼイ言っていましたが…今ではそれにもだいぶ慣れてきました。

とはいえ、幸か不幸か、このコロナ下でも平日でも時間帯によってはそれなりにお客さんがいらっしゃるので…
息をつく暇もないくらい忙しくなる時もけっこう、あります。


最近、フロア担当に新しい学生さん(女の子)が入ったのですが…
まだ入ってから1か月も経っていないので、初々しいというか、ごく簡単なことしかできてないというか。(その子は、バイト自体も初めてだそうです!)
でも、私も8か月前は…、あんなんだったなあ…と思います(笑)

まだ、卓番(テーブル番号)の覚えも怪しいですし…たぶん料理もあんまり覚えていないでしょう。
ハンディ(注文を取る機械)の操作をやっと教え始めたところのようです。


彼女を見ていると、ああ、これもまだ知らないんだ…これも教えないと…
と思うのですが、それだけ私もいろいろ覚えてきたということなのですよね。


最初の頃は、料理の種類も完璧に覚えているとはいい難かった私ですが、さすがにもう全部覚えました。そして、飲み物も食べ物も、ほぼ全部のメニューを一度は食べています。お客さんからメニューの内容についていろいろ聞かれることも多いので、どれも一回は食べてみないとと思いまして。
(ひとつだけ、モーニング時間帯のもので食べられてないものがありますが…、モーニングの時間に行くことがあまりないもので)

以前も書いた「従食」だとかなり安く食べられるのですが、仕事が終わった後だと、時間が遅くてあまりガッツリしたものは食べられないので、私は月に一度は家族を連れて店に行き「試食会」を開催しています(笑)。それだと一食を全部食べなくても、味はわかりますからね。
当店では3か月に一回、メニュー改訂があり、季節のメニューが入れ替わるので、その時は新作を食べることにしています。当店はチェーン店のわりには価格も安くはないのですが、従業員割引があるので多少安く食べられるのです。

でも、フロアスタッフで全部のメニューを食べたことがある人って、あんまりいないんじゃないだろうかと思います…。私は食べるのが好きなのと、お客さんに何か聞かれた時に自分の言葉で答えたいからそうしているのですよね。


家族と行く時も、自分の勤めている店だけではなく、近郊のチェーン店にも行きました。東京近郊で行ける店は、ほぼ行ったと思います(笑)
同じチェーン店でも店によって微妙に違うところがあって、そういう観察がなかなか面白いのですよね…。
それに他のカフェにも、いろいろ入ってみるようになりました。


ここまで仕事を続けてみて思うのは、やっぱり私はこの仕事がけっこう好きなのだということです。
自分自身がカフェに入ってくつろぐのが好きなので、お客さんに満足してもらうのはやりがいがあると感じます。

テレワークをしに来る人、ほぼ毎日来て珈琲とスイーツを頼んでくつろいでいく常連さん、近くの会社からランチを食べにくる人、ママ友同士でお茶しに来る人、PTAの打ち合わせをしている人、家族でランチを食べに来る人、カップルでスイーツを食べていく人、友達同士でだべりに来ている大学生、ベビーカーに赤ちゃんを乗せてきて、一時の楽しみに来る若いママ…

いろんな人が店に来ますが、この店に来ることが美味しく、楽しい時間であればいいなと思っています。


あまりに混んでいる時間帯だと、料理が出てくるまでものすごく待たせることになってしまって、お客さんに不快な思いをさせてしまうこともあるのですが、お客さんそれぞれに気を配って、注文の時に提供まで時間がかかることをちゃんと伝えたり、料理を持っていく時も「大変お待たせして申し訳ありません」とお詫びの一言を入れたり…
小さいお子さん連れのお客さんには、子ども椅子を用意したり、言われないでも取り分け皿を用意したり。
そういう気遣いで、少しでも気持ちが和らいでくれて、くつろぐ時間が持てるようにしたいなと。


とはいえ、こちらのミスや案内不足でお客様に迷惑をかけてしまうこともありますが、できるだけそういうことは減らしていきたいです。
そのためには、今できている仕事も、もっと効率的にできるようにしていきたいところです。同じ内容の仕事でも、早く片づけることができれば、お客さんに気を配る余裕もできるわけですから。

そして私が現在まだ「ちょっと苦手」と感じているのが、レジ関係の仕事です。普通の会計ならいいのですけど、いろんな割引があり、それがたまにしか発生しないことだとどういう操作をするのか忘れてたり…、そこはもっと慣れていきたいところですね…。


しかし…、最近主婦のパートさんが立て続けに退職してしまい、5名いたうち2名しか残っていないのでした…。ベテランYKさんもやめてしまいました。(学生バイトさんはそれなりにいますが…)
スタッフの募集はかけているようですが、もう少し人を増やしてほしいところですね…。


そして以前書いた「店長問題」ですが、あの時に比べればだいぶ文句を言われることも減ってきまして…最近はまあ、そんなにイライラしないで仕事できています(笑)
店長は、人に対する指導の仕方には問題があるのですが(笑)、仕事の効率化…という点においては、なかなかの力量を持っている人なのですよね。そこについては、見習うべきだ…とも感じています。


私の今年の仕事の目標は…、「ドリンクを作る仕事ができるようになりたい」ということですかね…
かなり効率的に仕事を回さないといけないポジションなので、いつやらせてもらえるようになるのか、よくわかりませんけど(笑)


最後に、本日の一枚です。

私は今年、ウェザーニュースの「さくらプロジェクト」に初参加しました。
自分のお気に入りの「マイ桜」を1本決めて、つぼみの状態から開花まで観察して報告するというものです。
3月1日に始めてから約1か月、毎日報告をしていましたが、その桜が昨日満開を迎えました。これだけ桜の観察をしたのは初めてなので、なんだか感慨深いです。
↓これがマイ桜です!
IMG_0253_1.JPG

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 23:48 | Comment(0) | カフェのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。