2019年07月22日

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その14)頂上から御殿場ルートを降り、砂走館まで。

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その13)お鉢巡り後半、吉田口〜山頂郵便局まで より続いています。

お鉢巡りが終わり、御殿場下り始めたのが9時40分頃のことです。

登っていた時は暗くて見えませんでしたが、これが頂上近くの道です。
ちょっと降りてきてから上を撮ってみましたが、相当、荒涼とした感じですね(笑)。
IMG_7178_1.JPG

これは、そのさらに下です。やはり、延々と赤茶けた下山道が続いています…。
IMG_7179_1.JPG

私は、午前2時半頃からほぼ歩き続けて7時間。さすがに、疲れが出てきていました。下り道は足の踏ん張りが効かなくて、だいぶ時間がかかってしまいました。

標準タイムなら35分で「赤岩八合館」に着くはずでしたが…実際は、1時間20分くらいかかってしまっていました。
途中でものすごく眠くなって、また道端で寝ていたりしたせいもあるでしょうけれども。(笑)

お鉢巡りをしている時はずっと天気が良かったのですが、だんだん雲が出てきて視界も悪くなってきました。
でも、天気が悪くなってきて困ったな、と感じるよりも
「私がお鉢巡りをしている時は天気が良かったこと」
が、本当にラッキーだったんだなと思いました。

7月に入ってからこの日まで、ずっと富士山の天気は悪かったらしいですから。

この日は7月10日の、山開きの日だったからなのか、昨日に比べたら登ってくる人はまあまあ多かったです。吉田ルートに比べたら全然少ないですけどね(笑)。
トレイルラン(山で走る競技)をしている人がけっこう多かったのですが、7月26日に「富士登山競争」という大会があるそうで、それのトレーニングをしている人たちだったのかもしれません。

またこの富士山の道中では、よく外国人に話しかけられました。富士山を登ってる外国人は、かなり多いのです。
私がひとりで行動していることが多かったからなのか、写真を撮るのを頼まれたり、道を聞かれたりしましたが…私、英語を話すのは得意ではありませんで(^^;
そういう時は、手持ちの地図を見せて対応することが多かったですね。ちょっと前に主人が買った「ポケトーク」を持ってくればよかったかも(笑)。


ところで。
私が道端で休んでいた時に、上から一人で降りてきたおじさん(この方は日本人です)に声をかけられました。
「ここってまだ、”大砂走り”への分岐は過ぎてないですよね?」
と聞かれたので、地図を出して
「いやまだ、全然先ですよ、”大砂走り”への分岐は。」
と説明して、いろいろ話していたのですが…

なにか、成り行きでそのまま、赤岩八合館まで一緒に降りることになってしまいました(笑)。
その方は、単身赴任で静岡に住んでいて、富士山に登りに来たのは2度目だとか。
山小屋に泊まるのが嫌なので、今朝登り始めて頂上まで行って、降りてきたのだそうです。

お鉢巡りを始めてから、たまに人と会話したりはありましたが、基本的に一人で歩いてきたので…なんかこうやって、赤の他人と一緒に会話しながら降りるのもなんか新鮮だな、と思いました(笑)。
ひとりで歩いているのも、私は好きなんですけど、ひとりのほうが、人から話しかけられる気がしますね。

「旅は道連れ、世は情け」

なんか、そんな言葉が頭に浮かびながらの、短い道中でした(^^)


思っていたより、遠く感じた赤岩八合館ですが…
人と一緒に話して歩いていた部分は、ちょっと早く感じましたね。
ここでそのおじさんとは別れまして…。

もしかしたら主人がここで休んでいるかも、と思い赤岩八合館に寄ったのですが…
主人はだいぶ前に来て、この日の赤岩八合館の宿泊をキャンセルして(団体さんがいるので、そのほうがいいと山小屋の方に言われていたのです)、ひとつ下の姉妹館「砂走館」に行ったとのことでした。

さすがに私も疲れていたし、おなかもすいたので、赤岩八号館でちょっと休ませてもらいました。まだ午前中なので他のお客さんはいなかったのですが、昨日もいろいろと話していた山小屋のおばさんや、私のブログを教えたお兄さんに温かく迎えてもらえて、ほっとしました。

もう11時を過ぎていましたが、私は宿泊客なので、500円で「今日の朝食」を食べさせてもらえました。私にとっては昼ご飯でしたが。
ハムエッグとご飯と味噌汁でしたが、私だけのためにみそ汁も温めて用意してくれて、とてもありがたかったです。
ごはんとみそ汁はおかわり自由だったので、味噌汁は2杯飲んでしまいました。(笑)

IMG_7184_1.JPG

お鉢巡りの途中、吉田口の山小屋で豚汁を食べた時も思いましたが…山で飲む、味噌汁って本当に美味しいですね。
五臓六腑に染み渡る感じがしますよ。


私が遅い朝ご飯を食べている途中で、外では雨が降り出しました。けっこうな勢いで降っています。食べ終わった時もまだ降っていたので、小降りになるまで少しの間、山小屋にいさせてもらいました。
しかし、私が山小屋に入ったとたんに雨が降るとは…、偶然にしても、できすぎな気がしましたが(笑)。


「富士山の山小屋は、混んでて、不愛想で、従業員の気が回らない。」
みたいなことはよく言われますし、実際にそういうところもありますけれども…

赤岩八合館のおばさんも、従業員さんも、みなさんすごく親切でした。
吉田口の山小屋ほど混んでいませんでしたしね。

私の富士山好きのことも、おにいさんが他の方に言ったらしくて、みなさん知っていました。(笑)
「本当にお世話になりました。また富士山に来た時は寄りますね。
ブログで、ここのことを宣伝しておきますから!」

と、お礼を言って…
私は、七合五尺の砂走館に向かうことにしました。


あとから知ったのですが、砂走館の経営者のおばさんと、赤岩八合館のおばさんは姉妹なんだそうです。砂走館のほうがお姉さんだそうで。
なんか雰囲気が似てるな〜と思って聞いてみたら、やっぱりそうだったのでした。


赤岩八合館でちょっと休憩をとったせいか、私はだいぶ元気になりました。
足の踏ん張りも効くようになったようです。

途中にあった、休業中の山小屋「見晴館」です。周囲は霧に包まれています。
IMG_7186_1.JPG


赤岩八合館から、砂走館までは、地図では40分かかると地図に書いてあります。
この時は、霧で周囲が目視できなかったので…砂走館がいったいどこにあるのやら、全く見えませんでした。

30分くらいを過ぎても全然、山小屋がありそうな感じがしませんで。ちょっと不安になりまして…すれ違った人に
「この先、砂走館がありますよね!?」
と、確認してしまいました(笑)。結局、標準タイムの40分とほぼ同じくらいの時間で着きましたが。

霧に煙る砂走館です…。
IMG_7188_1.JPG

赤岩八合館から砂走館の行程は、そんなに疲れなかったです。
私が砂走館に到着したのは12時15分頃のことでした。

(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 11:14 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その13)お鉢巡り後半、吉田口〜山頂郵便局まで

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その12)お鉢巡り、剣が峰〜吉田口まで。超、楽しいです! より、続いています。

吉田口の山小屋「山口屋」で何を頼もうか考えて…
私は、朝ごはんとして少し前にカロリーメイトを食べたので、がっつり一食分は入りません。でも、何かあたたかいものが欲しいな…
と思い豚汁(800円)を頼むことにしました。「頂上価格」だから安くはないですが、それなりの量はありまして。

IMG_7146_1.JPG

いや、この豚汁を美味しく感じたことと言ったら。
「生き返った!」
と、思いましたよ(笑)

山小屋で腰を下ろしてゆっくり食べられて、具もそれなりに入っていましたし。
山で食べる温かいものって、本当にパワーが出る感じがするのです。
これなら、800円の価値は十分にありましたよ。

そして…前回は山頂では、お守り以外お土産を買わなかったのですが。
私の超大好きな富士山の頂上の登山バッジはやっぱり、欲しい!と思って、購入しました。

私はふだんは、登山バッジは買わないのですが…
なかなか可愛いデザインですよね♪
IMG_7191.JPG

さきほど、久須志神社で金明水を買った時に…お鉢巡りで行こうと思っていた「金明水」が出る場所に行っていないことに気づきました。
さっきも横を通ってきて、下には降りられないと思い込んでいたのですが、山小屋の人に聞いてみたら、どうも降りられるらしいとのことだったので…それなら、少し戻ってでも行かないといけないかも、と思いました。

しかし…、金明水に行くのはそんなに大変ではなかったのですが…
IMG_7149_1.JPG

これがその、金明水が出る井戸のようなんですが…
IMG_7153_1.JPG

井戸の中に雪がちょろっとあっただけで、水は湧いてなんかいなかったですよ…、
IMG_7154_1.JPG

そして、この金明水の場所から上に戻るのが大変でですね…、
降りるのは楽でしたけど、また登るのにすごく疲れましたよ(^^;

疲れたので、ふたたび吉田口の山小屋前のベンチで休みました。
この日は山開きでしたが、吉田口としては全く混んでいない、と言っていい状態でしょう。
IMG_7157_1.JPG

そこからふたたび、お鉢巡りの後半に向かいます。

富士山のピークの名称は、時代によって微妙に変わっているのですが、私は
「富士宮ルートで配っている、登山用の地図に書いてある名前と高さ」
を記載しています。


こちらに、ピークの名称の由来の説明がありましたが…、これは、私の書いているのとちょっと違いますね…
→国土交通省 中部地方整備局 現在の「八葉」の地名由来と関係神仏

そういえば、現地では、全然頂の名前の説明看板などはなかったですね…、

これは「成就岳」(じょうじゅだけ、3734m)だと思われます。
IMG_7163_1.JPG

これがたぶん「伊豆岳」(いずたけ、3749m)ですね。
IMG_7167_1.JPG

しかしこのあたりで…、流石に疲れが出てきまして、ものすごく眠くなって、道端でちょっと寝たりしていました…(笑)

たぶんこれが「朝日岳」(あさひだけ、3733m)
ピグモンみたいな岩ですよね〜。
IMG_7170_1.JPG

後半はちょっと疲れましたが、やっと一周してきました。

私は歩くスピードは普通でしたが、あちこちで写真を激写したり、風景を満喫したりしていたので、かなり時間がかかっています。
朝6時15分に剣が峰の下をスタートして、山頂郵便局の場所まで戻ってきた時は、9時になっていました。
お鉢巡りの「標準タイム」は、約1時間半なのですが…
私は標準タイムの倍、約3時間かけて巡っていたことになります(笑)

途中で何度か休んでいたとはいえ…、
どれだけ火口地形を堪能したんでしょうか、私(笑)


山頂郵便局から、母とS子先輩にハガキを送りました。

IMG_7175_1.JPG

ここにしかない、「登山証明書」も買いましたよ!

IMG_7200_1.JPG

大満足のお鉢巡りが終わり、今日宿泊予定の山小屋まで降ります〜。

(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 18:03 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その12)お鉢巡り前半、剣が峰〜吉田口まで。超、楽しいです!

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その11)日本最高地点、到達! より、続いています。

私は、剣が峰を降りたところで主人と別れ、時計周りにお鉢巡りを開始しました。

7月初めころは、頂上付近の残雪のため、お鉢巡りコースの一部が通れなくなっている…という情報があったのですが。私たちが行く直前に、山小屋に電話して確認したら「もう、通れるようになったらしい」と聞きました。
これも、ラッキーな出来事のひとつだったのですよね。


剣ヶ峰の斜面は、まだ雪が残っていました。誰か、雪に落書きしてますよ?(笑)
IMG_7125_1.JPG

ところで。
何度も書いていますが、私のパソコンのロック画面は「富士山の山頂部分の空撮映像」になっています。

↓下記の写真がそれなのですが。
YAMA HACK「富士山の絶景画像厳選34!高画質で壁紙にもおすすめ!」より拝借しています。
add91af71dcd4f47ee9a3fc483069b5f.jpg

私はこれを、ほぼ毎日眺めていたのと、頂上付近の模型もよく愛でては地図と比較したりしていたので、頂上付近の地形は、ほぼ頭に入っていました。

もう、私、富士山の地形が、可愛くしょうがなくてですね〜。

えっ、意味がわからないですか?(笑)
でもですね〜、私、本当に富士山の地形を見るだけでドキドキするんですよ…(←なんでやねん!)

その、いつも見ていた「お鉢巡り」をするのですから、私が楽しくないわけがありません。ウキウキして火口付近の地形を眺めつつ、あちこちで地形を激写しながら、歩いていきましたが…
こんなにお鉢巡りを満喫しまくっている人も、珍しいと思います〜(笑)

剣ヶ峰の先、西安河原の近辺は眺めがいいです。雲海の向こうに山が見えます。
IMG_7127_1.JPG

↓下記の写真は、横のほうからしか見ることができなかった「大沢崩れ」。
富士山で唯一、斜面が大きくバックリと縦に割れている場所なのです。もっと近くで見たかったな〜。
IMG_7132_1.JPG

頂上付近の火口の真ん中が「大内院」(3537m)と呼ばれる禁足地なのですが、こちら↓の火口は「小内院」と呼ばれています。
頂上付近では特徴的な地形のひとつで、私の萌えポイントです(笑)
左上のカクカクしている岩は「釈迦の割れ岩」と呼ばれるものだそうです。このあたりは”白山岳”なのですが、それが昔釈迦岳と呼ばれていたためだそうです。

IMG_7136_1.JPG

奥のぽっこりしている盛り上がりが、剣ヶ峰の次に高い「白山岳」(3756m)です。
IMG_7147.JPG

東京から見た場合、右寄りのほうに一番高く見えるのがこの「白山岳」なのですが。
東京から見るとけっこうとんがって見えるのですが、近くで見ると案外丸いんだな…、と思いました(笑)。
(一般の方には、どうでもいいポイントですね!(笑))

頂上で水が湧き出るというスポット「金明水」を横目に通り過ぎます…。
IMG_7138.JPG

そこを過ぎると、スタートからほぼ半分の地点の「吉田口頂上」です。
私は昨年、こちらのほうから登りましたので、このあたりは見覚えがあります(^^)

吉田口の登山道は、昨年のスゴイ台風の時に頂上の下の道が崩れ、修復をしているところでした。
吉田口は本来は7月1日が山開きだったのですが、この日(10日)にやっと道が開通したようです。
IMG_7142_1.JPG

こちらには「浅間大社の奥宮の末社」である「久須志神社」があります。
お守りなどの置いてあるものは、浅間大社奥宮とほぼ、同じなのですが…
こちらには、頂上から湧く「ご霊水」である「金明水」を買ってしまいました。

金明水のボトル。普通だったらご霊水なんて「ガラス瓶」とかに入れそうなものですが…さすが頂上だけあって、超そっけないプラスチックボトルに入っています(笑)。
頂上まで運ぶことを考えたのと、リュックに入れて持ち歩くわけだから、壊れては困るわけですよね。
IMG_7403_1.JPG

私は「飲用」にできるのかと思って買ったのですが…

「御神前、書道、華道等でご使用ください」
※飲料水ではありません。


と、外箱に書いてありました(^^;
うちはそんな使い道、ないんだけどなあ(笑)。何に使おうかな…。


御殿場口、富士宮口のほうは山小屋はまだ開いていませんでしたが…吉田口のほうは、いくつかが開いていました。
ちょっと疲れてひと休みしたかったので、私は山小屋「山口屋」に入ることにしました。

奥のほうに見えるのが「山口屋」です。
IMG_7145_1.JPG

(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村



posted by はなずきん at 19:50 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その11)日本最高地点、到達!

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その10)浅間大社奥宮と、私の「火口の地形萌え」 より、続いています。 

剣ヶ峰に登っていく道は、けっこうな急勾配で、通称「馬の背」と言われている場所です。お鉢巡りの中でも、けっこうな難所だと聞いていました、が…

これが少し離れたところから見た「馬の背」です。
IMG_7082.JPG

これが登りながら撮った「馬の背」です。確かに急勾配ですね。
IMG_7089.JPG

確かに、ザレ(砂や小さい岩の混じった)道ではあり、一歩一歩しっかり踏みしめて登らないと、かなり滑りやすいのは確かでしたが。
IMG_7088.JPG

トレッキングポールがあれば、滑っても踏ん張れるので、そんなに大変ではありませんでした。しばらく天気が悪かくて地面がやや湿っていたのもあって、私が歩いた時はそこまで滑らなかったんですよね。
(ポールがなくて脚力がない方だと、ちょっと大変かもしれません。)

距離も、想像していたより短かったので、え、もう終わり?と思いました。
私は馬の背の下から登り始めてから、途中写真を撮りながらでも10分で上に到着できました。
「馬の背は大変だろうな」と覚悟してきたのですが、実際は「楽勝」だったのです。

「馬の背」が終わり、石積みの階段で登れる場所です。
IMG_7090.JPG

そして…正真正銘。 

やってきましたよ、「トップ・オブ・剣ヶ峰」(3776m)に!


IMG_7123_1.JPG

大人になって頂上まで登ろうと決意してから。3年間かけて、やっとここまで来れたのです。
中学生の時に頂上に登り損ねた時から考えると、実に40年越しの目標達成ですよ。

日本最高地点に登った気分は…最高でした!

私の大好きな富士山の、一番高い場所にやってきたんだ。
何度も写真やgoogleマップで眺めていた場所だけに、めっちゃ気分上がりましたよ!

IMG_7091_1.JPG

思っていたより、「剣が峰」の上の部分は狭かったです。でもそんなにたくさんの人はいなくて、すぐに記念写真を撮れました。外人さんが非常に多かったです。
↓どこの国の方だかわかりませんが、こんな旗持ってきてる方がいるんですね(笑)
IMG_7092_1.JPG

主人も、私の後からやってきまして…ふたりで写真を撮りました。
主人はだいぶ疲れていたようですけど、さすがに、剣ヶ峰まで来れたことは嬉しそうでしたね。
なんたって「3度目の正直」ですから。

IMG_7119_1.JPG

前回もそうでしたが、私は富士山の頂上にいる時は、かなり元気になるようなんですよね。
一番空気が薄いはずの場所なのに、なんででしょうか。私にとっては、パワースポットなのかも(笑)

最初は主人と一緒に下山しようかと思っていましたが…、まだ時間は朝6時くらいなんです。これから、この日宿泊する宿に下って行ったら、朝8時くらいに着いてしまうでしょう。
まだ時間はたっぷりあって、私は超元気だったので…、やっぱり、お鉢巡りはしたいなと思ったのです。

主人にそう告げて、私だけお鉢巡りをすることにしました。そして主人はやっぱり疲れているので、そのまま山小屋に戻ることにしたのです。
剣ヶ峰で主人とは別れて、私は時計回りにお鉢巡りを開始しました。

ところで。
剣ヶ峰はずっと来たかった場所だったこともあって、私は地形をほぼ覚えていたのですが、実物を見るとさらにいい感じで。
気象庁の測候所がドーンと建っているのを含めて…どこから見てもカッコイイのですよ、剣ヶ峰って。(笑)
お鉢巡りをしている間も、あちこちのアングルから剣ヶ峰を撮影していました〜。

剣ヶ峰の斜面には、まだ雪が残っていました!
IMG_7078.JPG


(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 13:13 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その10)浅間大社奥宮と、私の「火口の地形萌え」

メタボな主人と3度目の富士山。めざせ、剣が峰!(その9)頂上でのご来光と、頂上から見える景色と。 より、続いています。

ご来光を眺めたあと…あらためて周囲を見渡したら。
あれに見えるは…剣が峰、ではないですか!?

IMG_7074_1.JPG

富士山、剣ヶ峰は…言わずと知れた、日本最高地点。富士山の頂上の中でも一番高い場所です。
私は、GoogleEarthでなら何度か登ったことがありますが(笑)、リアルにその場所に来るのは初めてです。

私が何度も写真や模型などで眺めていた、あの、剣が峰が。
今、私の目の前にあるのです!

(※ちなみに、東京から富士山を見た場合、剣ヶ峰は東京と反対側になるのでほぼ見えません)

富士山測候所(現在は使われていません)の建物もしっかり残っています。
以前はここに、気象観測用のレーダー「富士山ドーム」がありましたが、今は役目を終えて、富士吉田の、道の駅近くにある「富士山レーダードーム館」に移設されています。
私が富士山レーダードーム館に行った時の話はこちら

IMG_7075_1.JPG


それはさておき。とりあえず、「浅間大社奥宮」方面に向かうことにしました。

さっき登ってきた時は、ご来光を見るために必死で、周囲をあまり見ていませんでしたが…あらためてゆっくり周囲を見たら、火口付近の地形が丸見えではないですか!?(笑)
IMG_7060.JPG

模型でもパソコンの壁紙でも、いつも眺めていた、山頂の火口に今来ているんだと思うと…いやもう、大興奮ですっ。
私はそれはもう、火口付近の写真を、撮りまくりました!でも、iPhoneだと撮影範囲にも限界があって…、この雄大なスケール感が表現できない!!この感じをみなさんに伝えられない!と、何度思ったことか(笑)。

私が、いったい何に興奮しているのかを知りたい方は、こちらを(笑)
頂上付近の富士山模型を購入。なぜ私は「富士山の地形萌え」になったのか?

富士山好きな人は多いですけど、火口の地形を見るだけでこんなにテンションが上がる人なんて、どれほどいるのでしょうか?(笑)たとえ写真が素晴らしく撮れたとしても、私のこの気持ちは伝わらない気がしますけどね(笑)

IMG_7077.JPG


そしてまずは、今日の予定を決めるべく、山小屋に入って休憩しようかと思いました。夜明け直後だから寒いし、主人も疲れているようだし、私も少し休みたかったのです。
しかし…、この日は山開き当日の10日だったので、富士宮口の頂上付近にある「頂上富士館」は、まだ閉まっていたのです。

しかし…、とにかく寒かったので。
まずは、この時間に唯一開いている施設である、浅間大社末社に入ることにしました。入ったら、ほんのり暖かかくて嬉しかったです…、(笑)

IMG_7063.JPG

いよいよ来ました〜、浅間大社奥宮。ここも今回、絶対来たかった場所のひとつです。吉田口の頂上にあるのは「浅間大社奥宮の末社」で、こちらのほうがいちおう「本家」なのです。

ちなみに、ここの頂上の神社の本体?は、富士宮市にある「富士山本宮浅間大社」なのです。
私たちは3日目の帰りにそこに寄りましたが、その話はまたのちほど。


社務所には、お守りやら絵馬やら手拭いやら、いろいろあって…、どれを買うか、超悩みます(笑)
当たり前ですけど、どれも富士山に関係するので、欲しいものばかりなんです〜。私はここで、15分くらい悩んでいました(笑)

でもさすが富士山頂上だけあって、どれも高いのですよ!
お守りひとつで、1000円くらいします(笑)。でもやっぱり欲しいので…。
すごく悩んだ末に、自分用には、昨年買ったのと同じものを買いました(笑)
(昨年買ったものは、持って行って返納しました)

それぞれの実家と我が家にお札、子供たち3人にお守り(下の3つ)を購入。上の白いのは私用のお守りです。
IMG_7199_1.JPG

絵馬は奉納せず、家に持ち帰って飾ってあります。
IMG_7407_1.JPG

そして、おみくじを引きましたが、「末吉」でした。富士山の神様に歓迎されている感じがするわりには、末吉なの?(笑)と思いましたが。
私、最近、どこでもおみくじ運が良くないんですよね〜。実際に運勢が悪い感じは、全然しないのですが(笑)


そして…昨晩からの登山中はゼリー飲料しか摂らず、おなかがすいていたので。
朝食にと、持参していたカロリーメイトを食べることにしました。
頂上は気圧が低いので、持ってきたカロリーメイトの袋がパンパンになっていました(笑)。

IMG_7073.JPG


浅間大社の隣に郵便局があり、こちらも行きたかったのですが、まだ朝5時半頃だったので閉まっていました。
山頂郵便局は、朝6時から、午後2時までが営業時間です。
普通の郵便局からは、考えられない営業時間ですよね(笑)。


さて、これからどうするかですが…主人は、かなり疲れていそうな様子です。

「そんなに疲れているなら、お鉢巡りはあきらめて下りてもいいよ。
でも、剣ヶ峰は絶対に登るよね!」


そう言って、まずは2人で剣ヶ峰方面に向かいました。

主人は疲れていたようで、ゆっくりペースでしたが…
私はもう、テンションが上がってしまって、どんどん足が前に進んじゃいますよ!

…いよいよ、剣が峰に。

私は、登ることができるんですね!


(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 10:35 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする